【千葉南】マルキポイントにて2018年の波乗りスタート

サーフィン

今まで1月2月にサーフィンてしたことなかったんですが、天気もよさそうだし、波もよさそうだし、天気もよさそうだし、天気もよさそうって事で行ってきました

といっても2月28日です。
まぁ、2月には変わりないので初2月サーフィンです。

場所は普段行く千葉北エリアと違い南へ。

ポイントはマルキ。

今までポイントの前を車で通った事あっても、実際に入った事はありませんでした。
というか御宿から先は入った事ありません。笑

スポンサーリンク

マルキポイントの紹介

場所は鴨川で、シーワールドのすぐ近くです。
海岸名だと東条海岸みたいですね

駐車場、トイレ、シャワーあり!

ここ、嬉しい事に駐車場があるのはもちろん、トイレとシャワーもあります。

片貝とか作田の駐車場にあるシャワーって地下水?利用してるみたいで、冬は温かく感じるんだけど、
ここのシャワーの水はクソ冷たかったです。
【節水】の看板もあったし、たぶん水道水なのかな?

北に比べ水がキレイで温かかった

驚いたのが海の透明度。
千葉北(片貝や一宮など)のカフェオレのような濁り切った海水に慣れてる自分には衝撃的な水の透明度でした笑

普通にキレイで海底が見えるレベルで、シュノーケリングも楽しめちゃうんじゃないの?って感じ。

そして温かい。
(と言っても冷たいけど。

グローブは使わなかったし、ブーツも無くてもいけるんじゃないかな?って感じでした。
(入ってる人たちはブーツ着用、グローブ無しが殆どでしたが、『これブーツいらねーなー』って声もちらほら聞こえました。

ちなみに当日の装備は3ミリセミドライにブーツです。
(北の同時期じゃグローブもないと辛いと思う・・・)

もちろん、パドリングであばらが痛くなる体型の自分には、リブガードは常に装着です笑
寒い時のお腹の保温にも役立つのでオススメの1品!
参考記事:サーフィンのパドリングで擦れる『あばら骨、肋骨の痛み』対策に【リブガード2.0】を使ってみた感想

リーフとビーチに分かれてる

マルキはリーフとビーチに分かれてます。

海に向かって左がリーフ、中央から右がビーチになってます。

リーフの方は、がっつり岩が海面に出てるのですぐ分かります。

リーフはローカル優先?

自分が使ってる波情報サイト【波伝説】では、
「良い波が立つと、岩場はローカルセッションになるため、ルール・マナーには注意。」
と書かれています。

んで当日は、
サイズ腰腹~胸くらいで、風もなく面もクリーンで切れた良い波!
なのでリーフにはうまい人ばかりでした。

当の自分はと言うと、、、
今年一発目なのでビーチの端の方で身体慣らしがてらのんびりサーフ。
リーフの方を指を咥えて見てました。笑

およそ3カ月近いブランクあって、腕上がるか心配でしたが、ずっと懸垂とスケボー(トライホイール)を続けてたのでそれなりに身体が動いてくれました☺
オフ中の陸トレの大切さを感じました。

使ってる懸垂マシンとスケボーはこの記事で紹介しています
【サーフィン】パドリング力アップに効果のある筋トレは懸垂!

※この記事3年半前に書いたものですが、ここで紹介してる懸垂マシンとスケボーは今でも使い続けてます。

ただ、たまに入ってくるキレッキレの速い波は中々(というか全然)キャッチする事が出来ませんでした、、、
やはり実践には実践による経験が必要です。。
 

というわけで2018年初サーフはマルキでした。
8時に入って11時くらいから風が出てきてコンディション悪くなったので終了。

さすがに風が出ると着替えが寒かったです・・・😇

濃溝温泉千寿の湯へ行った

んで、南エリアってけっこう温泉が多くあるんですよね!
ちょうど帰り道にあったので寄りました。

濃溝温泉『千寿の湯』(http://www.senjyunoyu.net/index.html

簡素な造りの割りに料金は1000円と、中の設備を考えると割高な気がしますが、休憩室もあり仮眠する事も出来るのでよしとします。笑

南エリアは、北に比べるとアクセス悪くなりますが、水も綺麗で温かいし、温泉があったりして雰囲気も良いのでオススメですね☺
またお邪魔したいと思います!

コメント