シェアまたはブックマークする

【カンボジア】レンタル自転車でシェムリアップ観光のススメ!!

シェアまたはブックマークする


『カンボジアの観光といえばトゥクトゥク!』
と言う方が大多数ですが、私は自転車観光を推したいと思います!

というのも、
今回行ってきたカンボジアのシェムリアップ男一人弾丸旅行の中で、
自転車でアンコールワットタ・プローム夜のパブストリートナイトマーケットまで行ってみたら非常に楽しかったから!

という、単純な理由です(^^)笑

シェムリアップでレンタルサイクリングしようと思っている方は是非このページをご覧ください!

シェムリアップは自転車観光にピッタリ!

シェムリアップ自体、自転車の観光に適していると思います。
なぜか?

下の地図をご覧下さい。

見てもらえばわかりますが、私が宿泊していたホテル『Prince d’ Angkor Hotel & Spa』から直線でアンコールワットの入り口まで行けちゃうんです!
さらに足を延ばせばアンコールトムやタ・プロームへも行けます。

そう、意外と道が単純で分かりやすい!

また、ナイトマーケットやパブストリートの入り口になる交差点にもほぼ直線です。
ちょっと先に行けば、オールドマーケットもあります

そのナイトマーケットでお土産を物色する時や、パブストリートを散策する時も意外と範囲が広いので自転車で移動した方が効率よく周れます。

 
以上のように、
宿泊する場所にもよりますが、シェムリアップの中心地からメジャーな観光スポットであれば自転車で簡単に周れちゃうのです!

そう、
シェムリアップは自転車観光にピッタリ!

というわけで実際に自転車を借りてみて感じた、
借りるべき自転車注意点持って行った方が良い物などをシェアします!

シェムリアップ観光に自転車がオススメ!

レンタルサイクル屋選び

街中を歩いているとレンタル自転車屋があるのが分かります。

店の雰囲気を見て選んでもいいでしょう。

もちろんキレイな自転車を用意しているお店が断然いいですね
しっかりメンテナンスや手入れがされている自転車はそれだけで安心感があります。

でも自分が宿泊してる宿から近い店の方が返す時がラクでいいと思います。
疲れた状態で長い距離を歩いて帰るのも大変ですしね、、、

ちなみに、私の場合はレンタル自転車屋を探せられなかったので←
レンタルスクーター屋に紹介してもらい、ボロいマウンテンバイクを借りました笑

料金・借り方

自転車のレンタル屋だと、ママチャリとマウンテンバイクを用意しているところが多いと思います。

レンタル料金はもちろんママチャリの方が安いです。

ちなみに私が借りた店だと

  • ママチャリ:3ドル
  • マウンテン:7ドル
  • なんと倍以上の差がありました。
    ※店によって金額は変わると思います。ダメもとで値引き交渉しましょう笑

    借り方ですがお店によって様々です。

  • デポジットを払う
  • パスポートコピーを取る
  • パスポート原本を預ける
  • などが必要になるかと思います。

    私の場合は、デポジットは無くパスポート原本を預けて、自転車返却時にパスポートを返してもらうというやり方でした。

    パスポートを預ける場合は必ず写真のページのコピーを所持しておきましょう(スマホで写真を撮っておくのもアリ)

    借りるなら絶対マウンテンバイク!

    シェムリアップの街中だけならまだいいですが、
    アンコール遺跡群の方に向かう道は全て綺麗に舗装されているとは言えません。

    舗装が良くなくてガタガタの道もあれば、
    舗装が剝れて穴が開いている箇所も多数見受けられます。

    下の写真はタ・プロームに行く途中の道路ですが、意外と自転車用の道路もあったのですが舗装が粗いし砂利も多く、良い路面とは言えません。

    そんなところをママチャリなんかで走ったら疲れるだけです。
    断言できます。絶対に疲れます!!

    しかも、
    ママチャリの頼りないタイヤだとパンクやスリップの恐れも十分に考えられます。

    実際、
    シェムリアップからアンコールまでの道で2組ほどパンクしてしまっているママチャリ観光客を見かけました。

    マウンテンバイクはその名の通り、山用の自転車になりますので、
    多少の悪路ならものともせず走り抜ける事が出来ます。

    未舗装路が多いシェムリアップ~アンコールでは心強い味方になってくれるはずです。

    借りる時のチェックポイント

    『よしマウンテンだな!決まり!!』

    ちょっと待ってください。
    いきなり借りるのはNGです。

    良くも悪くもカンボジアはテキトーです。笑
    日本のように『キチンと整備された自転車がレンタルされている』とは限りません。

    借りる前に自転車をよく見て、実際に試乗をして、状態をチェックしたほうがいいです。

  • タイヤの空気が入ってるか
    ※空気圧が低い状態だと、余計にペダルをこぐ必要があるので、疲労の原因になります。またパンクの原因にもなります。
  • タイヤの溝がちゃんとあるか
    ※溝が無いとスリップの原因になります。またあまりにも溝が無いとパンクの原因もなります。
  • ブレーキの効き具合(前後)
    ※ブレーキを握った時にしっかり止まるかチェックします。前後共にチェックしましょう。
  • チェーンがゆるんでいないか
    ※チェーンが緩み過ぎていると変速時や、段差や衝撃で外れる恐れがあります。
  • ギヤの変速がスムーズに出来るか
    ※試乗してギヤ変速してみて、動きが鈍かったりしたら避けた方が良いかもしれません
  • 各部にガタつきや歪みが無いか
    ※ハンドル、サドル、ペダルなどにガタ付きがある場合はネジ、ボルトが緩んでいる可能性があるのでしっかり固定してもらいます。
  • サドルのヘタリ
    ※古い自転車だと中のクッションが弱くなっていて、座ってると痛くなってしまいます。
  • ロックはついているか
    自転車を停めておく時に鍵をしておかないと盗難にあう可能性も否定できません。必ずロックはしましょう。
  • 下記項目は、もともと着いていない可能性も高いですが、あればチェックしておきます。

  • ライトは点くか
  • ベルは鳴るか
  • 反射材がついてるか
  • ヘルメットがあるか
  • 街中の小さいレンタル自転車屋だと、以上のすべてを完璧にクリアする自転車はそうそうないかもしれませんが、可能な限りチェックして対応してもらうことで、より安心して自転車を使用する事が出来ます。

    ちなみに私が借りた自転車はギヤの変速はたまに変な音がしてドキっとする時もありましたし、ライトも付いていなければ、ベルは壊れたままでした。また、サドルがへたっていてホテルに戻る頃にはお尻が痛くなっていました・・・
    ヘルメットも1個1ドルでレンタル用意ありましたが、借りませんでした。

    それでも一応行って帰ってこれましたが、この経験があったため上記の項目は確認したほうがいいかなと思い、紹介しました。

    あった方がいいもの

    そして、私が実際に自転車を借りて「これはあった方がいい!」と思ったものがいくつかあるので、なぜ必要なのか理由と共に紹介します。

    自転車用ライト※重要

    自転車用のライトは絶対あった方がいいでしょう

    サンライズを観にアンコールワットへ行くときは日の出前の暗い道を走らなければいけません。
    先ほども説明した通り、舗装されていても途中で舗装が剝れている箇所も見受けられたので絶対あった方がいいです。

    また、夜になれば街中でも街灯が無く、暗い場所もたくさんあります。
    自動車の通りも多いので、自分の位置を知らせるという意味でもライトは必要だと思います。

    ライトを用意するなら下の商品のような、簡単に自転車に取り付けられるブラケットとセットのものにしましょう。
    自転車に固定出来なかったら意味ありませんからね笑

    また、この商品はライトとブラケットを分離する事もできるので、自転車を降りた後も懐中電灯替わりに使う事も出来ます。まさに一石二鳥!

    ちなみに・・・
    私は寝坊したためサンライズを見に行けませんでした笑

    モバイルルーター※重要

    今回のように自転車で移動となると、自分が今どこにいるのか把握する事がとても重要になります。

    明るいうちならいいですが、
    日が暮れて暗くなってからだと街灯も無く本当に暗い場所が多い為、道に迷う可能性が非常に高いです。

    実際に、
    サンライズを観に暗いうちから出かける観光客が、道が分からずホテルに戻ってしまうという事例もたくさんあるようです。

    海外用のモバイルルーターを検索するといくつか出てきますが、
    グローバルWiFiイモトのWiFiなどが空港で受け取りも出来るのでオススメです。

    どちらも地図検索やウェブ閲覧程度であれば容量はさほど気にしないで大丈夫だと思います。
    ※YouTube見たり、アプリやソフトウェアアップデートしたり大容量食う事すると、すぐに上限に達するので注意します。

    ちなみに、、、
    私はいつもグローバルWi-Fiを借りていて、今回もカンボジアに持っていきました。
    理由は単純で安いから!笑

    今回もとても安かったですが問題なく使えましたよ(^^)

    Wi-Fiを持っているだけでマップ検索はもちろん、レストランやお土産屋などの情報も調べられるので持っていくことをお勧めします!

    当ブログではグローバルWi-Fiを安く借りる方法も紹介しています。
    グローバルWi-Fiを安く借りる方法

    自転車用スマホホルダー

    これにスマホをセットすればGoogleマップを起動してナビゲーションとして使う事が出来ます。
    ※万が一、スマホをひったくられる可能性もあるので注意

    ちなみに・・・
    私は現地で思い付きで自転車をレンタルしたので、
    スマホホルダーなんぞ持っているわけもなく、走りながらポケットからスマホを取り出して見たり、いちいち自転車を留めてスマホを見たりしていました。

    それでも用は足りましたが、落とす危険性もあるし、やはりホルダーにつけて走りながら見た方が便利なのは言うまでもありません。

    というわけでスマホホルダーを選ぶ時のポイントを紹介します。

  • スマホを4隅で固定するタイプか?
    ※左右で挟むだけのタイプは自転車の振動で落下する恐れがあるのでオススメ出来ません。
  • 自転車へ固定するブラケットは簡単に取り付けられるか?
    ※あまり本格的なものになると専用の工具が必要になって簡単に取り付けられない可能性があります。
  • 以上を踏まえてAmazonで見てみたら以下の2つが候補として挙がりました。

    まずはコチラ
    Fnovaスマホ自転車ホルダー
    全体がシリコンで出来ているので持ち運びも便利そうです
    Amazonのレビューを見ても概ね高評価が多いです。
    ただ、角度調整機能が付いていないのでそのあたりで使い勝手はどうか?気になるところです。

    続いてコチラ
    ORIENTERS 自転車用スマホホルダー
    これはスマホ全体をカバーするので防水効果もあります。
    ケースの中に入れるし、落下防止ワイヤーもついているので先ほど懸念したひったくりに持っていかれる心配も少なさそうです。
    こちらも角度調整は出来ないようです。

    日よけグッズ、暑さ対策※重要

    天気が良いとかなりの日差しになります。

    日よけグッズはマストと言えます。

  • 帽子(ハット・キャップ)
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 頭はもちろんですが、腕や足もずっと太陽にさらされることになります。
    なので日焼け絶対NGな方は長袖&長ズボンの方がよいでしょうね!(ただしクソ暑いです笑

    当たり前ですが、暑いので汗をかきます。

  • タオル
  • 乾きやすい素材の洋服
  • 飲み物
  • この辺も用意しておいた方がいいでしょう。
    特に乾きやすい素材の洋服を着ていくとかなりいいですよ!

    というのも、
    綿のTシャツとポリエステルのTシャツの両方を持っていったんですが、
    綿の方は汗でびっちょびちょに濡れてもすぐ乾きませんが、
    ポリエステルの方は通気性も良く、気づいたらサラっと乾いてて『すげー』と感心しました。笑

    ちなみに着てったのはユニクロのエアリズムです。インナー用を普通に着てました。笑
    コレ、通気性抜群で、自転車で走ってると最高に気持ちよかったです(^^)

    タオルもコンパクトに出来てすぐ乾く速乾タオルが便利です!

    海外旅行保険※重要

    シェムリアップからタ・プロームの方まで自転車で走っていきましたが、バイクやトゥクトゥクはもちろん、自動車もたくさん走っています。

    万が一の事故に備えて、海外保険も加入しておいた方がいいでしょう。

    ちなみに・・・
    私はいつもクレジットカードに付帯している保険を頼りにしているので、空港などで加入せずに、そのまま海外へ行っています。

    カードをお持ちでない方も、この機会に海外旅行に強いカードを持っておけば、旅行に行く度に保険に加入する必要がなくなるので、長期的にみてお得になりますよ(^^)

    色々なカードがあってどれを選べえばいいのか分からないという方は、海外旅行に最適なクレジットカードをこちらにまとめてあるのでご参照ください。
    海外旅行に最適なカードを15選!
    ※特にオススメは海外でも加盟店舗の多いVISA、MASTER系で、保険が手厚いゴールドカードです!

    マスク

    車の通りが多いで思い出しましたが、かなり空気は悪いです。
    日本のように排気ガスの規制が無い為か?黒煙もくもくで走ってる車も多数いました。

    なので自転車で道路を走ってると臭い臭い・・・

    また、場所によっては土埃が舞ってる場所もあります。

    気になる人はマスクがあるといいと思います。
    もちろん、マスクなんてしてたら暑いと思いますが(^_^;

    ちなみに私の場合は、あまりにひどい場所はタオルを口と鼻を覆う様に巻いてました。

    雨具

    雨が降っても自転車で行くというなら、もちろん雨具が必要になります。
    傘を持って運転するのは危険なので、カッパを持っていくといいでしょう。

    というか、雨降ってるのに自転車で行くんですか?
    1日天気が悪そうなら、おとなしくドライバーを雇って車で観光した方がいいと思います・・・(^_^;

    まとめ

    というわけでシェムリアップを自転車観光する為に必要な物、注意したほうがいい事、などを紹介しました。

    海外で自転車に乗って観光するという事自体、とても新鮮に感じられると思います。

    私が行ってみた感じでは治安も良く思えたし、自転車で観光してる外国人も多く見かけました。

    そして何より、気持ちが良かったです!

    『いつもとはちょっと違う旅を・・・』
    なんて考えている方は自転車レンタルにチャレンジしてみてはどうでしょうか(^^)

    その際は万が一の事故やトラブルなどに備えた準備を忘れずに!
    常に最悪のケースを想定して準備する事で、楽しい旅行が出来るという事を心に留めておきましょう。

    よろしければコチラもご覧ください↓
    今回のカンボジア旅行記事一覧