シェアまたはブックマークする

【カンボジア】1人旅をして感じたシェムリアップの治安と注意すべきこと

シェアまたはブックマークする

カンボジアのシェムリアップに弾丸一人旅に行ってきたので、
そこで感じたシェムリアップの治安と、注意すべきことをシェアします!

あくまでも弾丸トリップ中の超短期滞在で感じたことなので、参考までにお願いいたします。

スポンサーリンク

一人旅をして感じたシェムリアップの治安

結論から言うと、
『治安は良い!』と感じました

というのも、昼夜問わず観光客がとても多く、
女の子だけでフラフラ街を歩いているグループも多数見かけました。

夜でも女の子(たぶん観光客)が一人で出歩いてたりもしてたし、
見るからに怪しいやつも見かけませんでした。

自分も夜(23時頃)に自転車で走ったりもしましたが、
特に怪しい空気を感じなかったし変な奴に追いかけられるとかもありませんでした。

夜のパブストリートでは警察(っぽい人たち)の、見回り(っぽい事)も見かけました。

クラブの前にもセキュリティが立っていたり、それなりに治安維持に配慮されている印象を受けました。

ちなみに外務省のカンボジアの治安注意レベルは1で『十分に注意してください』です(2017年9月現在)
外務省 海外安全ホームページ

他の国に比べると割と行きやすい治安状況だと言えますが、やはり注意をするに越したことはありません。

シェムリアップ観光はここに注意!

という感じで、私が行った限りでは治安は良いと感じました。

しかし!
日本にも犯罪者がいるように、悪いやつはどこにでもいます。
これは世の常です。

とくに観光地では観光客を狙う悪いやつが集まってきます。

というわけで、シェムリアップで起こりうる犯罪&注意点を想定してみました。

スリ、ひったくりに注意

やはり一番考えられる被害は、
スリ、ひったくりではないしょうか。

人が多く混雑した場所に行く際は、常に警戒しておいた方が良いでしょう。

ナイトマーケットやオールドマーケットで買い物に夢中になっている時や、
夜のパブストリートでお酒が入っている状態は特に注意した方がいいでしょう。

アンコールワットのサンセット見学も薄暗がりに大勢の観光客がいるようなので
サンセット見学や写真撮影に夢中になっているところを狙われる可能性あります。

そういった場所に関わらず、
無防備に財布やスマホをポケットに入れておくのはやめましょう。

スリやひったくりを防ぐには、
対象物(財布とか)がどこにあるのか分からないようにしておくのが一番です。

分かりやすくズボンや上着のポケットに入れて膨らませていると、
絶対に目をつけられるでしょう。

ましてや、スマホやタブレットを持って下を見ながら歩いていると、
バイクや自転車に簡単にひったくられる可能性があるので注意します。

トゥクトゥクが狙われる?

先ほど紹介した外務省海外安全ホームページにも記載ありましたが、
トゥクトゥクに乗ってるところをバイクのやつに狙われてカバンやスマホをひったくられる事例があるようです。

さらにはトゥクトゥク乗ってる時に、肩掛けカバンを奪われそうになり、
その引っ張られた際に車体から落とされて重体になるケースも報告されているとか。

トゥクトゥクに乗る際は、
カバンを目立たないように持つ。
スマホやカメラを無防備に持たない。
などの警戒・気遣いが必要でしょう。

人のいない場所は避ける

人ごみでスリやひったくりを警戒するのはもちろんですが、
逆に、暗くて人気(ひとけ)のないところも警戒が必要です。

周りに誰もいなければ強盗に遭う可能性だってあるかもしれません。
場合によっては拉致られる可能性も否定出来ません。

人がいない場所、怪しい場所に興味本位で近づくのはリスクも高いでしょう。

まとめ

というわけで、比較的治安の良いカンボジアのシェムリアップでしたが、
観光客は常に悪いやつに狙われていると思っていていいでしょう。

特に、お金を持っていて平和ボケしてる日本人はいいカモです。

どこに行くにしても、常に警戒することを忘れず、
最悪の場合を想定しながら行動するようにしましょう。

海外旅行はとても楽しいものですが、全ては準備と心がけ次第です!

とりあえずこれだけは守る!

  • 財布、スマホ、タブレットなど無防備な状態で持たない
  • 大金・貴重品はホテルのセキュリティボックスに仕舞っておく
  • パスポートはコピーをとって、原本と別にしておく
  • 人ごみ&ひとけのない場所では警戒レベルを上げる
  • よろしければコチラもご覧下さい↓
    今回のカンボジア旅行記事一覧

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク336*280