シェアまたはブックマークする

【カンボジア】シェムリアップへ男1人弾丸旅行ブログ(3)3泊5日の2日目・中編 『アンコールワットへ行った』

シェアまたはブックマークする

カンボジアのシェムリアップに男1人で旅行に来ているブログです。
今回は3泊5日の2日目の中編です。
前編はコチラ⇒シェムリアップへ男1人弾丸旅行ブログ(2)3泊5日の2日目・前編

前編ではアンコールトムを見て周ったので、続いてアンコールワットへ行きます

スポンサーリンク

アンコールワットへ行った!

カンボジアと言えばアンコールワット!
色々な世界遺産ランキングで常にトップクラスをいく人気っぷりの観光地です。

お昼ごはんを食べていた食堂から歩いてすぐです。

入口でチケットチェックがあります。

池に囲まれているんですが、メインの橋は修復中?のようで、この真新しい橋を歩いて渡って行きます。

橋を渡るとアンコールワットです。

実は入口はコチラ西塔門

門の手前に置いてある像。
なんだろう・・・

猿の彫刻?かなり彫が深い

その上にもなんやかんやあります

門を抜けるとアンコールワット!
(一体どこからがアンコールワットなのか分かっていない

いやーアンコールワットですねぇ(^ω^)

参道の途中でエビを売ってる人が。
(´-`).。oO(こんなクソ暑いのに誰がエビ買うんや・・・

十字になっているテラス(十字テラス)を抜けて、中へ行きます。

入る前に左右を見るとこんな感じ

アンコールワットは地図を見ると分かる通り、外から3段階の回廊で成り立ってます。
外側から第一回廊、第二回廊、第三回廊の順です。真ん中は中央祠堂。

第一回廊

まずは外側の第一回廊から・・・
くそでかいレリーフギャラリーになっています。

レリーフは当時の暮らしや戦いの様子などが描かれているようです。

1人1人丁寧に彫られていて、キレイに残っています。

子供のお坊さん。

柱も綺麗に立ってます

これはなんでしょうね、コキ使われる奴隷の人達でしょうか?
この時代に奴隷制度があったのかは分かりませんが・・・

これは綱引きでしょうか・・・?

上の綱引きを辿っていくとここが中心になってるようです。

後で調べてみると『乳海攪拌』らしく、ヒンドゥー教における天地創造神話らしい・・・

乳海攪拌
両サイドから神々と阿修羅が大蛇の同体を綱として引き合う、カンボジアの創世神話。
綱引きをしながら海中をかき回す攪拌が1000年続いて、海が乳海になり、その中からアプサラやヴィシュヌ神の妻となるラクシュミーが産まれて、最後に不老不死の妙薬アムリタが得られたという神話

(´-`).。oO(綱引きで合ってたんや・・・

レリーフそっちのけでインスタ映えを狙ってるであろう写真を撮り続ける韓国女子
(柱の向こうからもう1人がカメラ構えてた)

と、たぶんメキシコ人
(スタンドにスマホつけてひたすら撮りまくってた)

(´-`).。oO(ま、何を楽しみに旅行するかは個人の自由だからね。

第一回廊は長いので半周で諦めて第二回廊へ向かいます

第二回廊

これを登ると第二回廊です

上から先ほどの第一回廊を見るとこんな感じ

第二回廊はデバターと呼ばれる女神像がたくさんあります。

が、デバターは撮らずに首の無い仏陀像。

首の無い仏像って異教徒とか侵略者のしわざだと思ってるんですけど、違うんでしたっけ?
たしかタイのアユタヤもそんな理由だった気が・・・

第三回廊

さらに登って第三回廊へ

ここにもデバターがあります。

美しいですねぇ
(´-`).。oO(みんなおっぱいさわるから黒くなってるやん・・・

ずいぶん高い場所にもデバターがいらっしゃいます。

位置的にも高い場所にある第三回廊はさすが眺めも良いです

いい雰囲気ですね

この時点で疲労困憊なのでサクっと見回って帰ります。

階段が急
(´-`).。oO(お尻着きながら降りてる人いる・・・

ほんと高所恐怖症には恐ろしいんでしょうね

そのまま第二回廊~第一回廊を経て外へ。

そこに待ち受けるは観光地名物の避けられない土産屋ストリート
「オニーサン!Tシャツ!ミズモアルヨ!」

↑の奥まで店がある限りずっと言われ続けます。

子供は無邪気に遊んでいます。

お土産ストリートを抜けると、よく見る光景が見える場所に!

撮影スポットになるので団体さんもたくさん。
ツアーガイドも暑そう・・・

参道を歩いて戻る途中でパンを発見。

fbでパンコールワットって投稿したけど反応薄かった(-.-)
迫真の世界遺産ギャグが!!

そのまま先ほど昼ごはんを食べたお店へ戻り、ドライバーと合流。
世界遺産後のビールは格別です(*´з`)

ビール飲んでひと段落したら今日のツアーはこれで終わり。
ホテルに着いたのは15時ごろでした。

この後はレンタル自転車を借りてシェムリアップの夜の定番『パブストリート』へ繰り出します!

Next⇒シェムリアップへ男1人弾丸旅行ブログ(4)3泊5日の2日目・後編 『シェムリアップで夜遊び』

今回のカンボジア旅行記事一覧はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280