シェアまたはブックマークする

サーフボードのワックスとデッキパッドをキレイに取る方法

シェアまたはブックマークする

サーフボードのワックスとデッキパッドを剥したので紹介します。

低予算簡単キレイにする事が出来るので是非やってみてください。

作業したのはこのサンタクルーズのEPS素材のサーフボードです。

デッキパッドは4~5年貼りっぱなし。
ワックスは2年以上剥していない状態です。笑

ワックス⇒デッキパッドの順で紹介します。

スポンサーリンク

ワックス剥し

古いワックスは酸化して硬くなっています。
近くで見るとなかなかエグイです。笑

これはこれでしっかりグリップしてくれてたので気に入ってはいましたが、他のボードに使ったクリスタルグリップを貼りたくなったので一度剥す事にしました。
参考記事⇒クリスタルグリップネクストブラックホールを使ってみたのでレビュー!楽ちんフロント用デッキパッド

まずはワックスを取る為、晴れた日に日光にさらして熱でワックスを柔らかくします。

夏場だとアスファルト、コンクリの上はかなり熱くなるので、理想はボードスタンドなどを利用すると良いでしょう。

溶けて表面がじゅくじゅくしてきたら剥しやすくなっている頃合いです。

市販のワックススクレーパーを使います。
※サーフボード用を使わないとボードを傷つける恐れがあります。

ゴリゴリやって、可能な限り取り除きます。
※この工程をしっかりする事で、後の作業がラクになります。

下に新聞紙を敷いて、剥がれたワックスが地面に落ちないようにした方が良いでしょう。

剥したワックスはそのまま新聞紙に包んでポイする事が出来てラクです。

※間違っても海や駐車場に放置する事はやめましょう

こんな感じになりました。

概ねキレイにななっていますが、やはり酸化して硬くなってしまっている部分は簡単に落ちてくれませんでした。

新しくワックスを塗る分にはこの状態で塗り重ねても良いのですが、今回はガッツリとキレイにしたかったので次の工程に移ります。

キレイにワックスを落とす裏技

パーツクリーナーという揮発性の高い溶剤を使います。

パーツクリーナー
自動車の整備などに使われる揮発性の高い溶剤。
スプレー式で使いやすく、金額が安い。
「ブレーキクリーナー」とも呼ばれています。

このパーツクリーナーの溶剤がワックスを溶かす効果があります。

使い方も簡単で、雑巾などのボロ布とワックスの残骸にパーツクリーナーを吹き付けて、擦るように拭くだけでキレイに取り除けます。


※動画を見ると分かりますが、塊になっている部分は溶かすのに時間が掛かります。
なので、この前のスクレーパーの工程で可能な限りワックスを取り除いておく必要があります。

見事にパーツクリーナーで作業した部分だけ綺麗になっています。

ワックスが完璧に落ちてピカピカです。

全体的に落とすとかなりキレイな状態になりました。

裏側などについたワックスカスも同様に、簡単に落とすことができます。
Befoe


After

※パーツクリーナー使用時の注意点
パーツクリーナーは弱い溶剤ですが、溶剤には変わりないので、ボード表面のコーティングやペイントが溶ける恐れがあります。
念の為、目立たない部分に使用して色が落ちないかテストする事をオススメします。

私が動画のように作業している分には、塗装に全く影響ありませんでした。

また、パーツクリーナーを使うときは日陰など暑くない場所の方が良いです。
揮発性が高いので、スプレーしてもどんどん飛んでしまって効果が期待できません。

尚、室内で作業するとガスを吸い込んでしまう恐れがあるので、風通しの良い屋外で作業した方がよいでしょう。

デッキパッド剥し

続いてデッキパッドです。

こちらも剥す前に日光などで温めておくと剥しやすくなります。

年月が経っているのでノリが残ったりするかと思いましたが、意外とキレイに剥すことが出来ました。
けっこういい素材使ってるようですね~

しかし、やはり多少は粘着質のノリが残ってしまいました。

ノリの残骸は爪やスクレーパーで可能な限り削ぎ取ります。
※ノリの塊が残っているとこの次の作業が時間掛かるので、落とせるだけ落としておきます。

爪やスクレーパーを使っても取れないような薄くへばりついたノリは、先ほどのパーツクリーナーを使うことでキレイに落とす事が出来ます。

まとめ

以上、サーフボードのワックスとデッキパッドをキレイに剥すコツでした。

・ワックス、デッキパッドは温めてある方が剥しやすい。
・ワックスやノリの残骸はパーツクリーナーで簡単に落とせる。

これだけ覚えておけばokでしょう。

このパーツクリーナーは多少の汚れも簡単に落とす事が出来るのでボードをキレイにしたいときにも便利です。

また、新しくステッカーやデッキパッドを貼る際にも、貼る前にパーツクリーナーで汚れ取りと脱脂をする事で、貼ったものが剥がれにくくなりオススメです。
※脱脂=油分を取る事

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280