シェアまたはブックマークする

超簡単!EPS(エポキシ)ボードのクラッシュを『リペアフィルム』で直してみた。

シェアまたはブックマークする


先日の台風スウェルで楽しんだ後、ボードを見たらクラッシュしてました。泣

思い当たるのは
前乗りされた時?
思いっきりパーリングしてボードと一緒に波に巻かれて自分にヒットした時?
インサイドのスープやショアブレイクで遊んだり、ボードの貸し借りもしてたな・・・

うーん、、、
いつやったのかわからん。

といっても表面の塗装が割れたくらいの軽度なものです。

念のためショップに見せに行ったら
「修理するほどではないけど、補修しておかないと傷が広がって水が入ってくる可能性あるよ」って言われました。

※ちなみに水を吸ってるかどうかのチェックの仕方も教えてもらった。

水を吸ってるかの確認方法
クラッシュ部に口をつけて思いっきり吸い込んでみると、海水を吸っている場合はしょっぱいのが入ってきます。
※味見をしたら、口をよくすすぐのを忘れずに

吸ってみたけど入って無いっぽい。
若干しょっぱかったけど、水は出てこなかったからセーフだと思う、、、そう、思いたい・・・。

そうはいっても買ったばかりのボードがクラッシュして
超ショック(;´Д`)!!!!

とりあえず、
傷が広がるのを防がないといけないので自力で補修リペアをする事にしました。

スポンサーリンク

EPSボードをリペアフィルムを使って直してみた

今回使ったのは《SURF-AID サーフボードリペア用樹脂フィルム》ってやつ。

通常、ポリエステルにはポリエステル用のリペア剤、エポキシにはエポキシ用のリペア剤が必要なんですが、これはポリエステルでもエポキシでもどっちでも使えるという優れもの。

使い方もカンタンで、クラッシュした箇所をサンドペーパーで下処理して、このリペアフィルムを貼るだけ。

超簡単!

ではやってみます。

実践!リペアフィルム!

1.下処理(足付け)をする。

まずは同封されているマスキング用のフィルムを貼り付けます
※こうする事で、余計な部分までサンドペーパーで擦って傷を付けることがなくなります。

同封されているサンドペーパーで擦ります。
※誤ってマスキングの外側を削らないようにします。

2.接着面をキレイにする

サンドペーパーで擦ったら、マスキングを外して削り粉をよく落とします

説明書には載っていませんでしたが、より密着してくれるように脱脂もしておきました。

脱脂はパーツクリーナーをティッシュに吹き付けて、接着面を拭きあげるだけです。
これをするだけで表面の目に見えない油分が取れるので密着が良くなります。

パーツクリーナーは揮発性の高い溶剤で、今回のような脱脂はもちろん、剥がしきれなかったワックスをキレイに落としたい時や、ステッカーやシールを剥がした時に残るノリの除去などにも使えるので、持っていても損はありません。

3.リペアフィルムを貼る。

丸く下処理をした箇所にリペアフィルムを貼り付けます。
空気を押し出すように貼り付けていきます。

貼り付けた後もしつこく押し付けてしっかり密着させます。

紫外線を当てる

上のフィルムを貼り付けたまま外に出して紫外線に当てます。
説明書によると

  • 夏1~7分
  • 春、秋2~10分
  • 冬3~15分
  • となっていますが、天気により大きく変わりそうですね。
    自分は30分くらい外で放置してました(忘れてた)

    フィルムを剥がして完成

    紫外線に当てて硬化したら上のフィルムを剥がして完成となります。

    が、フィルムのノリがくっついていました。

    ノリは爪で取れるだけポリポリ取った後に、

    パーツクリーナーを吹き付けたティッシュで拭き取ったらキレイになりました。
    さっそくパーツクリーナーが役に立ちました\(^o^)/

    写真を見ての通り、かなり密着していて、水の侵入は無さそうです。

    しかも、触ると分かるんですが、かなり硬いです!
    素材はFRPなのでボードで使われている素材よりも硬くなっていると思います。
    これなら傷やヒビが広がるのも防いでくれるでしょう。

    ていうか、、、
    クリスタルグリップみたい・・・笑

    参考記事⇒クリスタルグリップネクストブラックホールを使ってみたのでレビュー!楽ちんフロント用デッキパッド

    リペアフィルムは簡単!

    というわけでEPS(エポキシ)のサーフボードの軽度のクラッシュをリペアフィルムを使って直してみました。

    これ、超簡単です!

    実際の作業時間としても10~15分(+紫外線に当てる時間)程度なのですぐ終わりました。
    (もちろん、軽度のクラッシュだったってのもあります)

    今回みたいな程度の傷で水を吸わないからって放置してたら、傷が広がっていつの間にか水を吸ってしまっている可能性もあるので、さっさと直してしまいましょう

    SURF-AIDのリペアフィルムは様々な形が販売されているのでクラッシュの程度で丁度良いのを探しましょう

    前乗りは危険!

    今回のクラッシュが前乗りが原因かどうかはわからないけど、クラッシュなんて関係なしに前乗りはマジで危ないです。
    特にサイズが大きくてスピードもある波になると、板だけでなく人間もクラッシュする可能性が高くなります。

    前乗りはみんながアンハッピーな気分になる行為なので絶対にやめましょう。

    そうはいってもサーフィンに熱中してるとついしてしまう時があります。
    万が一前乗りしてしまった場合は素直に謝って板のチェックした方がいいですね!

    最後に、前乗りの危険性が超良く分かる動画を貼っておきます。
    ※ちなみに人間がクラッシュしてます(;´Д`)

    しかし、新品のボードで愛着あったのにもうリペアする事になったので一気に冷めましたわ。
    (´-`).。oO(新しいボード買おうかな・・・

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク336*280