シェアまたはブックマークする

バリ島サーフトリップで持っていくボードを間違えた件。マジックボードは要らない?

シェアまたはブックマークする


満を持してバリ島まで1人でサーフトリップに行ったのに、
持っていったボードのチョイスミスをして全然楽しめませんでした。

そこで何が原因だったか、自分なりに調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

バリ島サーフトリップで持っていくボードを間違えた

持って行ったボードですが、プレセボのゴブリンというボード。
長さは5’4!!

大きな特徴としては、短くて肉厚幅広な浮力のあるボードです。

そう、浮力があるので小波でもうねりからテイクオフが出来て、
長さが短いのでクイックに動いてくれるという
日本の小波用に作られたボードです。

板が短いとパドリングが遅い

まず、この5’4という短さ。
今回はこの長さの失敗というのが大きかったです。

一般的にボードが短いとパドリングが遅くなります
つまり前に進みません

バリのスランガンで入った時、満潮だったのでインサイドからアウトまでかなりの距離をパドルアウトしなければいけませんでした。

この短いボードだといつもの倍くらい余計にパドリングした気分でした。

ガイドと同じペースで漕いでるのにどんどん距離が離れていった(´_ゝ`)

板が短いとパドリングが進まない

大きい波のテイクオフが辛い

浮力があるので、うねりからテイクオフが出来るというのが売りのゴブリンですが、
いかんせん板が短いのでパドリングが進まず、滑り出しが遅いので、
大きい波(うねり)だとテイクオフまでもっていくのが大変でした。

図を見れば分かりやすいですが、大きいうねりの波には長い板の方が合っています。

長いと言っても通常のショートサイズ(5’9とか)で十分です。

要は、ゴブリンが短すぎたわけです。

サーフガイドにも『それ短すぎるよw』と何度も言われました。(´;ω;`)ウッ…

大きい波⇒長い板
小さい波⇒短い板

浮力が大きすぎて暴れる

もちろんピークに近くてパワーのある波なら短い板でもテイクオフ余裕です。

しかしテイクオフした後が辛い。

肉厚で幅が広く浮力があるので、浮くのはいいんですが、
板が短いため、波(フェイス)の小さな起伏にも反応してしまい、
波に乗ってる間ずっとグラグラと安定しません。

分かりやすく言うと、
車を運転してて道路のわだちにハンドルをずっと取られてる感じ?

しかも波にパワーがあるので、本当に暴れまくります。

バタバタ暴れる板を踏ん張って抑えつけるのに必死で
サーフィンどころじゃありませんでした。

「浮力はあった方が有利!」と思っていたのですが、
今回の件で実はそれが全てでは無いという事を思い知らされました。

肉厚幅広で浮力がある短いボードだとパワーある波で安定しない

板選びは重要

以上、バリ島サーフトリップに持っていくボードを失敗した話でした。

エキスパートな方からしたら、なんだそんなことwという内容かもしれませんが
私からしたら、今回の件はボードに対する気づきと発見と後悔がたくさんありました笑

 
ちなみに今回依頼したサーフガイドが使っているボードはもらいものらしいです。
彼はいつももらいものの板で充分にサーフィンを楽しんでいます(´_ゝ`)

バリの波は乗りやすいです。
サイズもパワーも日本とはまるっきり別次元の波が来ます
(少なくとも自分が行ってる限りではそう感じました)
なので小波に特化したようなマジックボードなんて要らないんですよ。

要はバランスです。
普通に自分に合った長さの板を用意すればそれでOKでしょう
充分楽しめると思います。

というか、こんな短いボード使ってる人なんて見かけませんでした笑

もう今回乗れなかったのはボードのせいです(´_ゝ`)
(俺のせいじゃない、俺のせいじゃない、俺のせいじゃない・・・

しかも、
本当は今回2枚持って行こうと思ってたのに
面倒になりゴブリン1枚だけにしてしまった。
(買ったばかりで浮かれてたというのもある)
ほんと後悔。

というわけでバリ島サーフトリップに持っていく板で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。
よろしければこちらもご覧ください
今回行ったバリ島サーフトリップ関連の記事一覧

裏技使ってマイルを貯めて海外旅行に行く方法【まとめ】オススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280