シェアまたはブックマークする

バリ島サーフトリップはガイドをつけるべき理由と、実際に使ったオススメのガイド【デコムサーフガイドサービス】の紹介

シェアまたはブックマークする


エアアジアの直行便が始まったので格安でバリ島まで行けるようになりました。

そのお陰で、サーファーなら誰でも憧れる、
バリ島サーフトリップがとても身近になりました。

しかし実際にバリへサーフトリップしに行こうとした時に、
現地でサーフガイドをつけるか否か、迷う方もいるかと思います。

そこで実際にサーフトリップに行ってきた私の個人的な意見と、
実際につけたガイドサービスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バリ島サーフトリップにサーフガイドを頼むべきか?

まずは最初に疑問に感じるガイドをつけるかどうかという問題ですが、結論から言うと
『ガイドをつけることを強くオススメします。』

特に初めてバリ島へサーフトリップに行くなら尚更です。
その理由を紹介します。

サーフガイドをつけるのがオススメな理由

その日のベストなポイントを知っているから効率的!

バリ島にはサーフポイントがたくさんあります。
クタを始め、チャングー、スランガン、ウルワツ、サヌール、ヌサドゥワなどなど世界的に有名なポイントも多くあります!

もちろん日本同様に、その日によって波のコンディションは大きく変わります。

サーフガイドは天候やローカルのネットワークによりその日はどこのポイントが良いかを見極めてくれます。

なので、
日数の決まった旅行中にサーフィンをするならガイドにその日のベストのポイントに連れて行ってもらうのが断然効率が良いわけです。

自分自身、バリに何回か行ってますが、毎回短期間の旅行になるので、効率を考えて必ずガイドはつけるようにしています。

自分でポイント周るのも面白いと思いますが、せっかくバリに行ったのに「あちこち見て周ってたら結局サーフィンする時間がなくなった」なんて事になってしまったら勿体ないですからね(^^)

ポイントの特徴を理解している

リーフのポイントが多いバリでは強いカレントが発生している場合も多いです。

そんな時でもポイントに着いたらカレントがどの向きにあるのかを教えてくれるので安心して海に入ることが出来ます。

2017年6月にクタリーフで日本人が亡くなった件も、ガイドがついていれば避けられた事故だと思います。

参考記事⇒離岸流が原因か..バリ島での日本人サーファーの死亡事故が話題になっている(NAVERまとめ)

今回のバリトリップでこの件についてローカルに話を聞いたが、亡くなった方はロングボードだったらしく、
「カレントの強く掘れた波がくるクタリーフでロングボードをしていれば危ないに決まってる」という話でした。

しかも、1人でボートチャージしてたようなので、戻るに戻れなかったのだと思う・・・

ボートチャージ
ボートに乗ってアウトのポイントまで運んでもらう事。陸に戻るのもボートに乗って戻らないといけない。ボートはサーファーを運んだら一度陸に戻ってしまう場合もあるので、その間、海に置き去りにされる事も。

車で移動できる。

サーフガイドは車を所有しているので好きなポイントまで快適に移動する事が出来ます。

また、車なので荷物の管理もしやすいのも言うまでもありません。

そして、ガイドには悪いですが、サーフィンで疲れた帰り道は車内で爆睡できます。笑

※寝る事でサーフィン後も遊びに出かけられますw

時間を無駄にしない為にも、朝ホテルに来てくれて、そのままポイントに直行、帰りもホテルに直帰出来るガイドを選びたいところです(^^)

ローカルなワルン(食堂)に行ける

ガイドの途中で食事をする場合は、
観光客向けのレストランではなく、
ローカルのバリニーズが集うワルンで食事をすることが出来ます。

普通に旅行していたら知るはずもなかった名店に行けるかも・・・?

万が一の時も安心

怪我をした場合に備えて保険も加入してくれているので安心です(ガイドによる)

また、ガイドがいることで病院までの移動もスムーズです。

周りに日本語の通じない人ばかりの海外の海でサーフィンしてて万が一、大きな怪我をした時、
頼れるガイドがいるという事は、非常に心強いと思います。

ローカルと交流が出来る

基本的に日本人を相手しているガイドなら日本語が話せるバリ人の場合が多いです。

またガイドと一緒だと海でもローカルサーファーと交流が出来たりして楽しい時間を過ごせます。

前乗りしちゃっても笑って許してもらえるかも!?
(もちろん相手による笑

 

バリ島でサーフガイドを頼むデメリット

デメリットと言うほどのものではありませんが、一応紹介。

値段が高い

もちろんガイドによって変わりますが、
1日3000円~10000円くらいでしょうか

一概に言えませんが、高い方が安心感はあるような気がします。

※安いガイドはガソリン代が別で請求されたり、安心面で不安があるようなイメージ。

1人で行くより複数人の方が割引が効いたりします。

時間が決まっている

最高のコンディションでサーフィンしてても
ガイド終了の時間になればそれで終了となります。

延長の追加料金を払うか、海から上がるかしか選択肢が無くなります。

 

私が実際につけたガイド

かくいう私も今までのバリ島サーフトリップで毎回ガイドをつけています。

それがクタにあるDEKOM(デコム)です。

デコムサーフガイドサービスは、日本人が経営するサーフガイドサービスで、スタッフに日本人の方がいます。

なので、予約などのやりとりは日本語で電話やメールで対応してくれるのでスムーズ。

ガイドも明るくて日本語の話せるバリ人なので良い時間を過ごせます。
もちろんサーフィンも上手いので一緒に海に入ってるだけで勉強にもなります。
 
ちなみに、上記のオススメの理由は全てデコムのサービスをもとにしています。

トータル的にデコムのサーフガイドはオススメですが、他のガイドに比べて割高なのが難点ですね笑
ただ、日本語で対応してもらえたり、ガイド中の保険料も含まれているのでそこは安心料だと思って割り切っています(;´∀`)
  

注意点

バリにはたくさんのサーフガイドサービスがあるので、中には悪いガイドがいる場合もあるようです。

私はいつもデコムを使うので当たった事はありませんが、
あまり安かったり、怪しい感じのガイドだった場合は注意が必要です。

ガイドが一緒に海に入ってくれない?

ガイドによっては、海には入らないでポイントに移動だけして、
車で待機していたり、そこらへんフラついてるだけってパターンもあるようです。

ガイドと言ってもサーファーではなく、
サーフポイントを知ってるだけのガイドもいるので注意が必要です。

せっかくガイド頼むなら一緒に入ってくれる人の方がいいですね!

ガイドに荷物を漁れる可能性がある?

以前、なにかで見ましたが「サーフィン中にガイドの車に入れておいた財布の中身が少なくなっていた」という話がありました。(もちろんデコムの話ではありません)

すべての人間が善人とは限らないので少しでもリスクの無いガイドを選びたいです。

また、車で移動だからと安心し過ぎないようにして、貴重品はホテルのセキュリティボックスなどに仕舞っておくなどした方が良いでしょう。

ボッタクリ店に連れていかれる?

あくまでも可能性ですが、
ボッタクリの土産屋やワルンなどに連れていかれる可能性もゼロではないかと思います。

 

クタビーチオンリーならガイド不要?

ちなみにクタのホテルに宿泊して、クタビーチでサーフィンする予定の場合はガイド不要だと思います。

というのも、
クタビーチは日本の多くのサーフポイントと同じ砂浜のビーチブレイクだし、見晴らしも良く、多くの観光客がレンタルボードでサーフィンをしています。

サーフィンのルールを理解し、基礎が分かっていればガイド無しでも問題無いと思います。

クタビーチ以外の場所でサーフィンしようと思うなら・・・
やはりガイドは必要かなと。

というか、バリ島にサーフィン行くならクタビーチ以外にも行くべきだと思います(^^)

まとめ

バリ島でサーフガイドを頼むメリット

  • ベストなポイントに行ける。
  • 車で移動できるから快適。
  • 時間を効率良くサーフィンに費やせる。
  • 万が一の時も安心。
  • バリ島サーフガイドを頼むデメリット

  • お金が掛かる。
  • 時間に制限がある。
  • 悪いガイドに当たると最悪。
  • 正直、1度ガイドをつけて、各ポイントに入ってレクチャーを受ければ次回からは1人で行くことも可能です。
    なので次回バリへ行くときは、バイクをレンタルして周ろうかと思っていました。

    しかし、
    自分でこのブログを書いてると「やっぱりガイドはつけた方がいいな」と感じました。笑

    『貴重な時間を無駄にしたくない』
    『万が一の事を考えると安心』

    やはりガイドのメリットはこれに尽きるような気がします。

    また、バリのサーフガイドですが、私が使っているデコム以外にもたくさんあります。
    GoogleやYahooで【バリ島 サーフガイド】と検索すればたくさんサーフガイドサービスが出てくるので、色々探してみると面白いと思います(^^)

    以上、これからバリサーフトリップしようと考えてる方の参考になれば幸いです。

    最後までご覧頂きありがとうございました。
    よろしければこちらもご覧ください
    今回行ったバリ島サーフトリップ関連の記事一覧

    裏技使ってマイルを貯めて海外旅行に行く方法【まとめ】オススメ!

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク336*280