エアアジアで行くバリ島直行便!安いLCCにはワケがある・・・

バリ島


先日の記事でエアアジアのおかげでバリ島にめちゃくちゃ安く行ける!と紹介しましたが、
もちろん、安いのにはワケがあります。

予約した後では手遅れな場合もあるので、
飛行機を予約する前に一度目を通してみてください!

スポンサーリンク

ほとんどのサービスが有料

バリ島まで乗るのがとても安い値段で行けるLCCのエアアジアですが、
支払うのはホント乗るだけの費用だけなんです。

そう、ただ乗るだけ!

例えば、
機内食や飲み物、受託手荷物など、ほとんどが別料金設定となっています(;´Д`)

通常の国際線(ガルーダとか)しか使った事ない人からしたら衝撃の内容です笑

というわけで気になる部分、理解しておいた方がいい事を紹介しますね!

機内食・ドリンクが別料金

機内食、楽しみにしている人もいますよね。

でもLCCの場合、
機内食は別料金です!

別料金と言っても、事前申し込みの金額を見ると500円程度。

メニューも数種類あって、
グリーンカレーやらなんやらあって意外と美味しそうです(´・ω・`)

あとは飲み物も別料金。
ビールやジュースはもちろん、水すらも別料金。

とにかく全部、別料金。

荷物が別料金

さて、続いてはお荷物について。

飛行機に乗る際に自分の荷物を持っていく際は2パターンに分かれますね?
機内持ち込み手荷物受託手荷物と呼ばれるものです。
それぞれ説明しますね↓

機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物
機内の自分の座席まで持ち込む荷物。
座席まで持って行ったら、足元か頭の上の荷物入れに入れないといけません。

この機内持ち込み手荷物に関しては無料でOKです!
ただし条件があって、規定のサイズ重さ個数を守らないといけません。

エアアジアの国際線の規定サイズがこちら↓

機内持ち込み手荷物大きさ
大サイズ56㎝x36㎝x23㎝
小サイズ40cm x 30cm x 10cm

以上の大と小の荷物を一個ずつ、計2個を無料で機内に持ち込むことが可能になります。

そして、重さは合計7㎏(2つの合計が7kgです)

以上のサイズ、もしくは重量、もしくは個数をオーバーすると、
機内持ち込みが不可となり、
次に紹介する受託手荷物として預けなければいけません。

受託手荷物

受託手荷物
チェックインの際に、航空会社へ預ける荷物。
例:機内(座席)へ持ち込めないサイズのスーツケースやサーフボードなど
飛行機が到着地に着くまで受け取れない。

受託手荷物に関しては重さに関係なく、完璧に別料金が掛かります。

ここで大事なのが
飛行機を予約する時に申請するのと、
予約した後で追加で申請するのだと
金額が変わるという事!

重さ最初に申請追加で申請
20kg3900円4490円
25kg4900円5640円
30kg5900円6790円
40kg7900円9090円

けっこう変わりますね、、、

そして恐ろしいのが、事前に申請をしないで
当日に空港カウンターで荷物を預ける事を申請する場合・・・
15kgで6000円!!

さらに恐ろしい事に、
15kgから先は1kg超過ごとに2000円追加www

てことは、
何も知らずにカウンターで17kgの荷物を預けたら1万円ですよw
事前に予約しておけば3900円で済むのに!(*_*;プヒー

飛行機を予約する際は、
持っていく荷物をある程度想定してからの方が良いでしょう。。。

ちなみに、、、
Expediaで料金検索をしたときに、同じ便でも数千円高い設定のフライトが出てきます。
それは受託手荷物があるかないかの違いなので、安易に安い方に飛びつかない方がいいですね。
※荷物の重さは後ほどエアアジアのマイページから変更可能です。

アメニティがもらえない

通常の飛行機なら無料で配られるようなアイマスクやブランケットなども別料金となっています

まぁ、これは100均やAmazonでも簡単に手に入れれるものなのでそれほど気にならないと思います。

頭に浮かんだ「あった方がよさそうな快適グッズ」を挙げてみます。

快適グッズ効果
マスク機内の乾燥対策・顔隠し
アイマスク快眠グッズ・顔隠し
ネックピロー快眠グッズ(腰にも当てられる)
パーカー防寒&フード被って快眠
スリッパ足が楽ちん
この辺があれば十分かな?
人によっては何もいらないかもしれないけど、
何もなしで7時間飛行機に乗りっぱなしってのはけっこうつらいと思います笑

エンタメなし!

あと、注意しておきたいのがLCCには機内エンタメがない!です

機内エンタメ
座席の前についてる映画とか音楽とかゲームとか出来るモニター
※こんなやつ↓

なので、Kindleなどの電子書籍に小説や漫画を入れておいたり、iPadのようなタブレットに映画をダウンロードしておくと大活躍間違いありません。

ちなみにAmazonプライム会員になっておくと映画がダウンロードし放題なのでかなり使えますよ
Amazonのプライム会員がアツい!!

実際に自分はiPadにプライム映画をダウンロードして飛行機で見ています(*´ω`)♪
こんな感じ↓

7時間のフライトなら映画2本と音楽を適当に入れておけば十分だと思います(途中で寝ちゃうしw

ちなみにLCCだとUSB電源すらないと思いますので、モバイルバッテリー必携でしょう
※モバイルバッテリーは受託手荷物に預けられないので注意

まとめ

とりあえず、こんなところでしょうか。

とにかくLCCは値段が安い分、サービスが良くありません笑

    とにかく何もない&全部別料金!

  • 機内食、ドリンクも別料金!
  • 荷物も厳しく、受託手荷物は別料金!
  • アメニティも別料金!
  • 機内エンタメも無し!

必要なものは、自分で用意するか、お金を出して買うしかありません!

こうやって細かく見てるとガルーダインドネシアがいかにサービス良かったか身に沁みますねぇ笑

そう、正味な話、
「値段を取るか?、サービスを取るか?」です。

快適にバリ島へ行くにはガルーダインドネシアの方が絶対に良いと言い切れます!笑

ちなみにエアアジアでもガルーダでも、予約するならExpediaがオススメです。
バリ島行くならExpediaがオススメな理由

以上、最後まで読んでいただき有難うございました。
今度実際にエアアジアでバリ島へ行くので、必要に応じて加筆、修正致します。

追記:行ってきました
実際にエアアジア直行便でバリ島にサーフトリップしたので座席と機内食の感想とチェックイン体験記などなど紹介します!

コメント