シェアまたはブックマークする

実際にエアアジア直行便でバリ島にサーフトリップしたので座席と機内食の感想とチェックイン体験記などなど紹介します!

シェアまたはブックマークする


先月から始まったエアアジアのバリ島直行便

6月に入ってから毎日運行ということで、早速予定合わせてサーフトリップに行ってきました!

せっかく行ってきたので

  • チェックインに時間掛かるのか?

  • 座席はどんな感じなのか?

  • 機内食の種類はどうなのか?

その辺の疑問+実際に行って感じた事を体験記を交えながら紹介していきます!

スポンサーリンク

実際にエアアジア直行便でバリ島に行ってきた!

日程

フライトは往復直行便で月曜~木曜日です(帰りは金曜の朝、成田着)

行きと帰りの時間はこんな感じ↓
行き(成田⇒バリ島)

  • 成田発  月曜 8:25
  • バリ着  月曜 14:25

帰り(バリ島⇒成田)

  • バリ発 木曜 23:00
  • 成田着 金曜 7:10

チェックイン~搭乗まで掛かった時間

成田空港のP2北駐車場に停めたので、
バリ島行きエアアジアのチェックインカウンターのある第2ターミナルまでは歩いてすぐです。

月曜の6:30にチェックインカウンターへ到着。

ウェブチェックインを済ませておいたのですが、
その際、
「書類の確認があるのでカウンターまでお越しください」とあり、
仕方なくチェックインカウンターに並びました。

すると、遅くて全然進まない・・・(^^;

並んで待った時間、、、
40分!!

何がそんなに遅くなるのかと思ったら、
事前に荷物を預ける申請をしてる人とそうでない人で差が出てたみたい。

さらに、どっかの大手ツアー会社の手配ミスで
受託手荷物を予約してたのに、無かったことになって
すったもんだやってたらしい。

モバイルルーターを受け取りに

チェックインを済ませたら予約しておいたグローバルWi-Fiのルーターを受け取りに行きました(これはエアアジア関係無し)

バリ島サーフトリップにGLOBAL WiFiを持って行った話【海外用モバイルWi-Fiルーター】

出国手続き~搭乗口まで

そして、搭乗口まで行きますが、その前に出国前の手荷物検査場で大渋滞(^^;

そして手荷物検査を終わらせた後、搭乗口までの移動がまぁー遠いです(^^;
今回は85番ゲートだったんですが、これは第二ターミナルのサテライトエリアの端の方なので、いわば出国審査してから一番遠い位置にあります。

で、無事搭乗口に着いたのは8:00過ぎ!!

結局、空港に着いてからゲート到着まで実に1時間半掛かりました(^^;
ざっくり計算するとこんな感じ

  • チェックイン(約40分)
  • Wi-Fiルーター受け取り(約5分)
  • 出国の荷物検査(約30分)
  • 出国審査(自動化ゲート利用で約1分)
  • 搭乗口までの移動(約10分)

うーん、、、掛かりましたね。笑

特に今回のような朝イチのフライトだと、
空港職員も少ないのでチェックイン以外の場所でも時間を食ったみたいです。

とりあえず、
エアアジアのチェックインは時間が掛かる!
と思って余裕のある時間にカウンターに行っておきたいものです。

エアアジアに乗り込む!

いざエアアジア

行きの座席

今回は席も事前に申し込んでおきました。

場所は後方の中央の三人席の通路側。
通路側の理由はトイレに行き易いので!

足元は意外と広々。

今まで近距離のLCCしか使った事なかったので、覚悟していた狭さとは違いました笑

後方の両サイドは2人席になってるので二人旅ならこの席もアリですね

機内食

出発して程なくして機内食が出てきました。
早朝発という事で事前に注文しておいたのです

ナシ・クニン・メナドというインドネシア料理と、おまけでついてくるホットコーヒー
※ホットコーヒーは食後とか関係無しに機内食と一緒に出てくる。

んでこれナシ・クニン・メナド。

ターメリックとココナツミルクで炊いたご飯に、魚と牛肉と何かとサンバルがついてくるやつみたいです。
混ぜて食べるんですが、スプーンでこぼれないように混ぜるのが難しかった(^^;

味は、美味しかったです。
ちなみに事前申し込みでコーヒーとセットで500円です。

機内食のメニューを見たところ、事前申し込みと、機内で注文とで内容は変わるみたいです。

たぶんこれ事前申し込みのメニュー。
※事前申し込み限定メニューを機内に置いてどうするの?って話ですが笑

注文は飛行機を予約した後でもエアアジアのホームページから追加注文可能です。

エアアジアの機内食メニュー

当日頼める機内食もありますが、割高になっています。

近くの方が『チキンベシャメルのベイクドポテト、フリッタタ添え』を注文していましたが、それなりにボリュームもあって美味しそうでしたよ(^^)

意外と無料出てくる機内食よりLCCでお金払って食べる方が美味しいものが出てくる?気がする・・・笑

ちなみに自分が行ったとき(2017年6月時)のメニュー&金額はこんな感じでした↓

・温野菜たっぷりの牛丼
・チンおじさんのチキンライス

・チキンペシャメルのベイクドポテト、フリッタータ添え
・ブロッコリーとスイートコーンのベジタブルパスタ

・ハワイアンBBQチキンラップ
・ローストビーフとチキンハムのサンドウィッチ

コーヒーの種類が沢山!

スナック類

スイーツ

もちろん、ソフトドリンク&アルコールも!

ビンタン&バリハイが8万ルピア( ;∀;)!!

支払いは日本円でも可能。

赤ワイン美味しかったです笑

機内エンタメ

そしてもちろんLCCなので機内エンタメは無し!
折り畳み式のテーブルだけあります笑

というわけでAmazonのプライムビデオでダウンロードしておいた映画を見ながらビンタン!

最近はkindleのアプリを入れて雑誌も読めるようにしたのでタブレット1つ持ってると十分用が足りるってのが良いですね!
Amazonプライムについて詳しくは↓
Amazonのプライム会員がアツい!!

LCCなら遅延上等!

というわけでバリ島に着くんですが、定刻では14:25にバリ島着の予定でした。

「予定は未定であって決定ではありません。」
小学校の時、先生がそう言ってたのを思い出しました。

なんと到着は15:15(*_*)

そしてイミグレが大混雑(*_*)

やっとイミグレ終わったかと思ったら、
預けていたサーフボードが全然出てこず、、、

やっと出てきたボードを担いで空港の外(到着ロビー)へ、、、

いや、1人でタクシー拾ってホテル向かうならいいですよ?

でも今回予約したホテルに空港の送迎も頼んでいたんです。
それが14:25に到着する飛行機で行くと告げてあったので、
申し訳なさでいっぱいになりました( ノД`)

そのホテルのお迎えの人と合流したのは16:30!!
約束の2時間オーバー!
でも笑顔で迎えてくれました( ;∀;)

ホテルはクタ・パラディソ・ホテル

Expediaで評価が高かったので選んだのですが、評判通りだったわけですね、、、

ホテルを探してるならtripadviserの評価と連携しているExpediaがオススメです
バリ島旅行のホテル・フライト検索ならExpediaがオススメな理由

帰りの席も選んだ

帰りのフライトも席を選びました。

場所は前の方のクワイエットゾーンと呼ばれるちょっといい席。

なぜかと言うと、帰りは深夜便(23:00発~7:00着)なので、爆睡したかったから!

そしてトイレに行きやすいように通路側。
※クワイエットゾーンはトイレも近いです。

で、本当にクワイエット(静か)かどうかというと、、、
深夜便なのでみんな爆睡でクワイエットでした笑

帰りは機内食も頼まず、本当に寝ることに徹しました(^^♪

ちなみにエアネックピローはこれ使ってます
【旅行便利グッズ】手動ポンプ付きのエアーネックピローが衛生的でオススメ!

まとめ

というわけで実際にエアアジアのバリ島行き直行便に乗ってみましたが、思っていたより良かった!というのが素直な印象です。

とはいっても、何も準備をしないで行くとただひたすら座っているだけになるので
機内食や座席も選んで、少しでも快適なフライトにすることをオススメします。

座席や機内食を頼んでも合計で数千円~1万円いかない程度です。
飛行機自体がかなり安いのでこの辺はケチらず活用したほうがよさげですね!

というわけでエアアジアのバリ島直行便に乗った感想を簡潔に↓

  • 座席が割と広い(とはいっても狭い)
  • 座席は通路側を選んでおくとストレスフリー
  • 機内食は事前に申し込んでおくと割安
  • 機内エンタメが無いのでAmazonプライム会員になってタブレット持参するとGood!
  • 遅延は覚悟する!

トータル的に見ても、値段相応というよりは、この値段なら十分納得できる内容だと思います。
是非エアアジアでバリ島へ行ってみてください

最後までご覧頂きありがとうございました。
よろしければこちらもご覧ください
今回行ったバリ島サーフトリップ関連の記事一覧

裏技使ってマイルを貯めて海外旅行に行く方法【まとめ】オススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280

コメント

  1. masayan より:

    はじめまして。いつも興味深く記事を拝見させていただいてます。今月エアアジアでバリに行くのですが(成田発、デンパサール直行)、サーフボードケースにボード以外の荷物(リーフブーツやリーシュ、ウエア、多少の衣類など)を入れても大丈夫そうでしょうか?中身の確認はされますでしょうか?教えていただけると助かります。

    • より:

      コメントありがとうございます!

      私は毎回ボードケースに板以外にも詰められるものは全部詰め込んでいます!笑
      ウェアや洋服なら緩衝材替わりにもなっていいですよ!
      ちなみに、帰りはお土産もボードケースに放り込んで持って帰ってきてます^^;

      預ける時にX線(?)のチェックはありますが、重量が守られていて、通常定められている持込み禁止のものが無ければそのまま運んでもらえるはずです(^^)

      • masayan より:

        ありがとうございます!先日、確認の為エアアジアに問い合わせたらボード以外(サーフィン関連のウエアなども)はあかんと言われて…。初LCCなので、どの程度厳しく適用されるのか不安でした。
        ケース開けて中身までチェックとかはしないんですね^^;

        • より:

          返信有難うございます。

          ボード以外はダメなんですね、、、
          いまホームページを読み返したところ、

          サーフボードは見やすいサーフボードバッグに梱包し、長さが277センチメートル(109インチ)を超えてはなりません。
          ※中略
          上記に示されていないスポーツ機器は、 受託手荷物の一部として受付いたします。

          https://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/sports-equipment.page
          より

          となっていたので、
          サーフボードとサーフボード用バッグ以外は受託手荷物という事になりますね。

          さらに問い合わせしてに対して明確に
          「ボード以外(サーフィン関連のウエアなども)はあかん」と言われている以上『大丈夫』とは言えなくなりました。

          判断はお任せ致します。
          というか、ダメなのでボードケースにボード以外を入れる事は不可になりますね(^_^;)

  2. ななし より:

    よくわかりますー^ ^
    バリ直行便でしたが、webチェックインはシステムトラブルでできず、結構並んでチェックインしました。せっかくフルフラットとったのに。
    あと2:35着の予定が16:00着陸、いつものイミグレ渋滞ででたら16:30でした

    安物買いの時間失いですね。エアアジア二度と乗りません。

    • Psuke より:

      コメントありがとうございます

      チェックイン時のトラブルは当たり前なんですかね、、、

      なにしろ低サービスや渋滞によるタイムロスは充分にあり得るので、そこらへんを覚悟して割り切って行かないと相当なストレス受けるのは間違いないですね。

      ほんと値段重視です(^^;