シェアまたはブックマークする

1人旅をして感じたイタリアの治安【ローマ・フィレンツェ・ミラノ】

シェアまたはブックマークする


今回のイタリア旅行、ローマ、フィレンツェ、ミラノを鉄道&地下鉄&徒歩で移動したのでその時に感じた治安を紹介します。

あくまでも私自身が実際に行ってみて個人的に感じた感想ですので参考までに。

スポンサーリンク

イタリアに行って感じた治安

ボッタクリ

イタリア自体、観光地ということで、
土産屋やレストランなどたくさんのお店があります。

たくさん店があるという事は、
少なからず悪いお店もある可能性が出てくるという事。

特に有名な観光地周辺ではボッタクリの店が多い傾向があります。

ありがちなのはお土産屋やbarですね

今回、自分が入ったのは
ローマのサンタンジェロ城の近くにあったリストランテ。
ちょうどバチカンとの間ら辺に位置してるので場所もいいです。

しかし
昼時だというのに、入っていたお客さんは地元っぽい人はほとんどおらず、
観光客っぽい人がまばらに入っていたくらい。

そして、みんな会計の時に大揉め(-.-)

どこにも書いていないサービス料が15%課せられるようで、それが原因だったようです。

もちろん、自分もそこで食事をしたので15%食らいました。笑

自分は1人でランチだったので大した金額にならなかったですが、
人数が多かったたり、ディナーだったら15%はかなりの額になるでしょう。

ちなみにそこのスタッフにはチップまで要求されました。
※他の店でスタッフからチップを要求されることは無かった。

やはり、観光地となれば黙ってても客は入ってくるので
多少無茶な営業でも通じてしまうんでしょうな。

小さいボッタクリで済めばいいですが、
酷い料金設定のお店もあるようなので注意が必要です。

良い店を見分ける方法

そこで、
「ボッタクリを避けて、なおかつ美味しい」という
良い店を見分ける方法として、簡単な方法があります。

ズバリ
《混んでる店を選ぶ》

特に地元の人でにぎわっているお店なら間違いなく優良店でしょう(^o^)

あとは、ガイドブックに載ってるお店も間違いないかと。
特に地球の歩き方に載ってる店はどこの国でもほぼ外した経験がありません。

スリ

メトロ(地下鉄)のスリは本当に多いらしいです。
色んなサイトやブログを見てもスリに注意と書かれているし、
ガイドブックにも必ず書かれています。

自分もローマとミラノでメトロに何回も乗りましたが、
電車を待っている間に獲物を物色してそうな人がチラホラいたのをよく覚えています。
(もちろん、実際に物色していたかどうかは不明)

スリを防ぐ方法

とにかく警戒する。
あからまさまに警戒する素振りをする。

リュックやバッグは身体の前に持ってきて抱えるように持つ。

もちろん、ズボンやジャケットのポケットにスマホや財布は入れない

正直、これくらいしか防ぐ方法は無いかと。

あとはパスポートやカードを完璧に守る為に、
ネックポーチを使うと良いでしょう。

スキミング防止効果のあるやつならさらに安心かと。

これを首から下げてTシャツの中に入れておけば、
服の中に手を入れないと持っていくことが出来ないので安心です。笑

※大きいものだと首が疲れるので注意

乗っている時だけでなく、乗り降り時にスリに遭う

これはイタリア旅行中に出会った日本人に聞いた話です

ピサの斜塔へバスで行ったときの話。

バスから降りる時に、
観光地だから人が多いせいか?
無理やりバスに乗ってくる人がいて
ごちゃごちゃになりました。

その時に
自分のバッグ(トートバッグ)に違和感が。

とっさにバッグの中に手を入れたら、
誰かの手と握手!笑

手をたどって見てみると、
それは乗ろうとしてきた男の人の手でした。

睨みつけると、
そのまま手をひっこめてバスに乗って行ったんです。。。

これ、ほんと乗り降り時のゴチャッとなった一瞬の出来事らしいです。

ほんと気の緩んだ瞬間を狙ってくるみたいですね。
もうプロかと。

なので、乗ってる時だけでなく、
乗り降りの一瞬でさえも
警戒しておくことが大切なようです。

あとトートバッグも狙われやすいみたいなので止めた方がいいでしょうね。

夜の治安

ローマの夜

ローマでは夜の10時くらいに人気(ひとけ)のない道を歩きました。

ただ単に人がいないだけでしたが、
強盗みたいなやつらがいれば格好の餌食になっていたかもしれません・・・

フィレンツェの夜

フィレンツェでは週末の夜10時~0時くらいまでbarやらなんやらで飲んでました。

その後1人でフラフラとホテルまで帰りましたが、
特に危ない目に遭いませんでしたし、
危なそうな気配もしませんでした。

夜は不用意に出歩かない

ローマもフィレンツェもそうですが、
これは運だと思います。

日本だって、
昼よりも夜中に出歩いていた方が
強盗や痴漢に遭遇する確率が高くなりますよね?

リスクを避けるという観点いけば
夜中に出歩くのは極力避けた方がよいかと・・・

ミラノのドゥオーモ前のハトの餌詐欺

ミラノのドゥオーモ前で
『フリーだよー』と言ってハトの餌をくれる人がいます。

が、その餌を手に取ると、お金を請求してきます!笑

詳しくは別記事にて紹介中・・・

あまりにも暇でドゥオーモ前の広場で人間観察モニタリングしてたら面白いのを発見。 ドゥオーモ前でハトの餌を配ってる人を観察 ドゥオーモ...

テロ・デモ

テロやデモ・・・
これも運でしょう。

そうそう遭遇するもんじゃありませんが、
日本にいるよりはテロに遭遇する確率は高いと思います。

実際に街の中で
大きな銃を持って警戒してる兵士?を多く見ました。

それは、『だから安全』という見方も出来ますが、
裏を返せば、『何かが起こる可能性がある』ことを示唆しています。

何も考えず旅行を楽しみたいのも分かりますが、
常に万が一のことを想定して、旅行する方が良いでしょう。

まとめ

以上、実際にイタリアに行ってみて感じた治安です。

結局、自分自身は特に大きなトラブルや犯罪に遭ったわけじゃないので
治安は良いと感じました。

行く前に、いい話も悪い話も調べて、
いかに情報収集をするかがカギですね(^^♪

最後までご覧頂きありがとうございました。

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
ローマやミラノのメトロの乗り方や、レオナルドエクスプレス、マルペンサエクスプレス、Italoなどの高速鉄道の乗り方も紹介しています。
参考になるかと思いますので、よろしければご覧ください。
・イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280
スポンサーリンク336*280

シェアまたはブックマークする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280