シェアまたはブックマークする

【イタリア1人旅】ミラノ観光2日目(後編)イタリア最後の食事

シェアまたはブックマークする


前半の続きです
前半⇒ミラノ観光2日目(前編)最後の晩餐を当日券・キャンセル待ちで見に行く。の巻

遅めの昼ごはんを食べたらドゥオーモ前の広場で休憩。

暇すぎて人間観察をしていたら詐欺を働く輩たちを目にしました。
ミラノのドゥオーモ前で繰り広げられるハトの餌フリー詐欺

スポンサーリンク

後輩夫婦と遭遇

そんな感じで広場に座ってボーっとしてたらツアーでイタリアに来ていた後輩夫婦をたまたま発見。笑

この時16:30くらい。
俺、どんだけ暇なん(*´Д`)

この後、2人の参加してるツアーは一旦解散し、
2人は自由行動でお土産を買いに行くという事だったので、
フィレンツェに続き、思い出作りのお手伝いに専属カメラマンに

(ついでに自分の分のお土産も見よう)

Giovanni Galli(ジョヴァンニ・ガッリ)

来たのはココ

奥様いわく、有名なマロングラッセのお店らしい。

買ったのは4個入りで15€のマロングラッセ・・・

てことは1個3.75€!

こりゃ高級お菓子ですわ

※一箱に入る個数が増えると1個当たりの金額は安くなります。

後で調べてみたら「マロングラッセ発祥の店」らしいですよ(゚д゚)!
Giovanni Galli(トリップアドバイザー)

お土産買ったりなんだりしたら、
彼らはバスでホテルに移動するのでここで一旦お別れ。
後ほど晩御飯へ行く約束をしました。

というわけで自分はメトロへ

ミラノ駅に着いたら、ミラノ空港まで行く電車「マルペンサエクスプレス」のチケットを購入。

マルペンサエクスプレスのチケットの買い方・乗り方は別記事にて紹介しています
マルペンサエクスプレスの乗車券購入方法と乗り方【ミラノ駅⇔空港】

実はこの日の夜の便でイタリアを発たなければならないのです。

てことでホテルに戻ったら荷物整理してチェックアウト。

スーツケースを引いて、後輩の泊まるホテルへ(歩いて8分くらいの距離感)

Il Tavolino(イル タボリーノ)

そして3人で行ったのは、自分が昨日1人で食べに来た店。

美味しかったので再訪です。

注文は、ワイン通でイタリアンで働く奥様のチョイスで

全部美味かった。
てか、この店普通に美味いんすよね(^ω^)

ただ、今回テーブルについたスタッフがマジでクソだった。
ビールはテーブルにこぼすわ(謝らない&拭かない)
接客態度は悪いは・・・

昨日の人がフレンドリーでめっちゃよかった分、かなり残念でした。

と同時に、
「たったちょっとの時間でも良いサービスをするだけで満足度というのは高まるもんなんだな」
と感じました。

んで、ワインでヘロってると電車の時間が迫ってる事に気付きお会計。
ビール3杯
ワイン1本
スパゲティ
フリット
赤いやつ
あと何か頼んだかな?
合計106€

まじでスタッフが良かったら最高だったのに・・・

てことで店を出たら駅まで見送ってもらいました。

この後、マジダッシュでマルペンサエクスプレスまで行きました(^^;

マルペンサエクスプレスのチケットの買い方・乗り方は別記事にて紹介しています
マルペンサエクスプレスの乗車券購入方法と乗り方【ミラノ駅⇔空港】

無事に時間通りにミラノ空港に着いてチェックイン。

モスクワへ発つのでした

おわり

以上で、イタリア旅行記は終わりです。

最初は
『はいはいイタリアね!ミーハーっすねぇ』
みたいなノリだったんですが、
調べるごとに、行って日数重ねる度に
その魅力の多さに気づき驚きを覚えました。

歴史、美術、食を始め、
数多くの世界遺産もあり、
ファッション・インテリアなどの買い物も楽しめる、、、

こんなん1週間でどうこうできるもんじゃありません笑

フィレンツェで会った日本人が
「イタリア来たのは今回で10回目」と言っていたのも頷けますね

自分もまだまだ見れていない部分が多いので
是非また来たい国になりました。

(´-`).。oO(アルベロベッロとかそっち方面も行きたかったし

結局、行きもしない、やりもしないで「○○だ!」なんて決めつけられないもんです

実際に行って、歩いてみたからこそ感じた治安や失敗ししたことなどあるので別記事にて紹介したいと思います(´ー`)

今回のイタリア旅行を通して、
また少し自分の中で成長できた部分があるんではないかなと感じました。笑

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
ローマ、ミラノでの地下鉄の乗り方や、マルペンサエクスプレス、レオナルドエクスプレス、Italoなどの高速鉄道の乗り方も紹介しています。
イタリア旅行で失敗したことや、実際に行って感じた治安も記事にしています。
よろしければご覧ください。
イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280