シェアまたはブックマークする

【イタリア1人旅】フィレンツェ観光3日目、フィレンツェからミラノへ移動する。の巻

シェアまたはブックマークする


↑この写真はホテルの屋上テラスからの眺め

というわけで前回の続き、
フィレンツェに来て3日目です。

まだ見てない観光スポットとか教会とか見たあと、
高速列車でミラノへ移動します

スポンサーリンク

【イタリア1人旅】フィレンツェ観光3日目

ホテルの朝食をサクっと頂いたら先にチェックアウト。

荷物はフロントに預けて時間の限りフィレンツェ散歩(観光)します

ヴェッキオ橋

最初に来たのはヴェッキオ橋。

明るい時のヴェッキオ橋は初めて来たかな?
人が多い

ヴェッキオ橋
フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。
河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。
橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。
Wikipediaより抜粋

そのまま朝のフィレンツェを散歩

新市場のロッジア

昔の柱廊の続く市場。
今はお土産屋さんがいっぱい入ってます。

ここに写真のイノシシがいるだけど、
「鼻をなでると幸運が訪れるとかどうとか」
っていう話があって、みんな触るものだから鼻だけピカピカなってるようです。

路上アート?

歩いてたら路上に絵をかいてる人達が。

ほんと、アートな街ですねぇ

んで、ドゥオーモ。
街の中心にあるから、歩いてると嫌でも近くを通る。笑

そのままサンロレンツォ教会の方へ

メディチ家礼拝堂

サンロレンツォ教会の裏にあるメディチ家礼拝堂へ来ました。

メディチ家礼拝堂
サン・ロレンツォ聖堂に付属する、「新聖具室」と「君主の礼拝堂」と呼ばれる2棟の建物の総称。
サン・ロレンツォ聖堂は、イタリア人建築家フィリッポ・ブルネレスキが、トスカーナ大公家で聖堂のパトロンでもあったメディチ家の依頼で15世紀に改築した教会である。
メディチ家礼拝堂は、このサン・ロレンツォ聖堂の拡張建造物として、16世紀から17世紀にかけて建設された。
聖堂内部の新聖具室は、ミケランジェロの設計による建物である。


色々飾ってあった。

中は木か何か?

フランキンセンスが金などと一緒にキリストに献上されたって話があるんですが
木をポイって渡したのかと思ってたんだけど、
こうやって渡されていたのなら献上品て感じがしますね

駅へ

メディチ家礼拝堂を見たら、
駅の近くだったので、ついでに本日のミラノ行きのチケットを購入します。

フィレンツェからミラノまでの行き方は別記事にて紹介しています
Italoでイタリア鉄道旅行!乗車券の買い方&乗り方紹介【ローマ⇒フィレンツェ⇒ミラノ】

んで、自分でチケットを買っておきながら、出発の時間が迫っていることに気付く(アホ
てことでホテルへ戻ってスーツケースをもらって、再度駅へ!笑

天気めっちゃ良い

この駅の目の前にあるサンタマリアノヴェッラ教会に行き忘れていたのだから笑える(^^;

結局中に入る事はできずに次の街へ・・・

ミラノへ移動

というわけで
短い電車の旅を経てミラノへ

ほぼ定刻通りのの14:15にミラノへ到着しました。

駅を出たらホテルへ向かいます(^^)/
ミラノ観光1日目、メトロでドゥオーモへ行く。の巻

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
ローマ、ミラノでの地下鉄の乗り方や、マルペンサエクスプレス、レオナルドエクスプレス、Italoなどの高速鉄道の乗り方も紹介しています。
イタリア旅行で失敗したことや、実際に行って感じた治安も記事にしています。
よろしければご覧ください。
イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280