シェアまたはブックマークする

【イタリア1人旅】フィレンツェ観光2日目(前編)ウフィツィ美術館へ行く。の巻

シェアまたはブックマークする


前回の続き。
前回⇒フィレンツェ観光1日目(後編)街を歩く&後輩と夜の街で飲む
フィレンツェに来て2日目のブログです。

泊まってるホテルはTornabuoni Beacci。
朝食バイキング付きです。

うーん、やっぱり食べるならタンパク質!

これはこれで美味い(^ω^)

というわけで、ご飯したらウフィツィ美術館へ行きます。

スポンサーリンク

フィレンツェ観光2日目(前編)ウフィツィ美術館へ行く。の巻

週末朝8時のフィレンツェ。閑散

カギ
ヨーロッパ人は観光地に鍵を掛けるの好きですね?

ヴェッキオ橋

昨日の夜中の方が人が多くいた。

ヴェッキオ橋の反対側。
こちら側は朝日が当たってまぶしい

ウフィツィ美術館到着

ウフィツィ美術館

実はホテルからすぐ近くで、昨日も前を3回通ってたのです。

ウフィツィ美術館
イタリアルネサンス絵画で有名な美術館である。
1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。
またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。
1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。
展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラッファエッロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。
Wikipediaより

警戒

入場券を買います。

週末ですが朝イチはガラガラです(´▽`)狙い通り!

いざウフィツィ!

空いていたので最後まで見て、また最初に戻って流しで見ました。

さて、ウフィツィ美術館の感想ですが。。。

プリマヴェーラや、ヴィーナス誕生あたりはわかりますが、
正直、
全然わからない( 一一)
歴史やルネサンス感は感じるが、
感動や興奮にまったくつながらなかった。

なんとも言えない敗北感を頂きながらウフィツィ美術館を出る・・・

美術が分からないなら、分からないでいいが、
ウフィツィについて詳しく書かれているガイドブックなどで
浅くてもいいから、知識を付けてから来た方が良いと
心の底から思った。

Amazonのレビューを見る限り、この本がよさそうかも。
※ウフィツィ以外にも大聖堂なども載ってるみたいなので。

途中から、ツアーの団体がたくさん来てたんですが、
美術大?のような集団が楽しそうに見てたのがとても羨ましかったです、、

フィレンツェの散歩

ウフィツィ美術館を出たら適当にフラつきます

ドゥオーモがとんでもなくデカイので、ちょっとした路地から覗き見える
まるで建物の隙間から「どーも!」と語りかけているかのように、、、

シニョリーア広場に面してるランツィのロッジアという場所に出る

ランツィのロッジア
幅広いアーチの開口部が通りに面していて、間口は3区画分、奥行きは1区画分である。
アーチはコリント式柱頭のある束ね付柱で支えられている。
この幅の広いアーチはフィレンツェ人にとって魅力的だったようで、ミケランジェロはシニョリーア広場全体をこのアーチで取り囲むことを提案したほど気に入っていたという

回廊の陽気な雰囲気は、重々しいヴェッキオ宮殿と好対照をなしている。
屋根はあるが事実上、古代およびルネサンス美術の野外彫刻展示場になっている。
Wikipediaより抜粋

んで、この広場が何やら騒がしいと思ったらパレード的なのをやっていた

そんなつもりでもなかったけど、
パレードの先頭を撮影

ほんと、たまたま同じ方向に進んでたもので。

ふとした瞬間、ここにもドゥオーモ
「どーも!」

中央市場周辺


この中央市場の周辺はご覧の通りたくさんの露店?が出ていて色々なものが売られていた。
特に革製品が多く、レザージャケットや、レザーのバッグが多かった。

歩くと皮のいい匂いがした。

お土産ものには目をくれず中央市場の中へ。

ここに入ってるダ・ネルボーネという店が地球の歩き方に載っていたのだ

なにやら安くて美味しいB級グルメがあるそうな。

頼んだのはトリッパというもつ煮的なやつにパルメザンチーズをかけたやつ。
フィレンツェを代表するB級グルメだそうで。

あとワイン。
「お茶飲むか?」的なノリで勧めてきたから、そりゃ二つ返事で頂きます。

んで、隣接するテーブルで食うんですが、けっこう日本人が来てました。
みんな地球の歩き方を片手に笑

たしかに美味しかった(^ω^)
パニーノも食べたかったけど次の機会ということで。

ワイン飲んで調子よくなったところで散歩の続き。
ドゥオーモまで行ったら、偶然にも、、、

続きは後編で(^^♪
フィレンツェ観光2日目(後編)フィレンツェで美味しいご飯。の巻

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
ローマ、ミラノでの地下鉄の乗り方や、マルペンサエクスプレス、レオナルドエクスプレス、Italoなどの高速鉄道の乗り方も紹介しています。
イタリア旅行で失敗したことや、実際に行って感じた治安も記事にしています。
よろしければご覧ください。
イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280