シェアまたはブックマークする

【イタリア1人旅】フィレンツェ観光1日目(前編)ローマからフィレンツェへ移動してご飯食う!の巻

シェアまたはブックマークする


前回の続きです
前回⇒ローマ観光2日目 コロッセオ&フォロロマーノへ行くの巻

フィレンツェ行きのチケットを買ってホテルに戻ってきたらとりあえずシャワー

そして思い出す
『ビールが1本残ってるんだった!』

てことでビール飲みながら荷造り。

ちゃんとイタリア産を選んでるのでビール飲むのも観光のひとつなわけです(^ω^)

んで時間になったらチェックアウト。
ちなみにイタリアのホテルは泊まると宿泊税ってのが掛かります。
ここは8€だったかな。

スポンサーリンク

イタロでフィレンツェへ

チェックアウトを済ませたらテルミニ駅へ

人多いから警備も大変すね

というわけで電車に乗ります。

イタロの乗車券の買い方、乗り方は別記事で紹介しています
Italoでイタリア鉄道旅行!乗車券の買い方&乗り方紹介【ローマ⇒フィレンツェ⇒ミラノ】

出発(^ω^)

動き始めたら隣のあんちゃんがパニーノ食べ始めるし、
前の席の家族が皆でマック食い始めるしで、匂う匂う(´Д`)

そういえば早朝にホテルご飯から何も食っていなかった。
フィレンツェに着いたら速攻レストランに入る事を誓う。

ローマからフィレンツェへの移動では特に見るものも無く、
ヨーロッパの田舎風景を楽しみました。
(楽しかった??)

行き先のフィレンツェの駅の名は【S.M.Novella】(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)
「フィレンツェの中央駅になるから皆降りるだろうな~」って思ってたんですよ。

んで、その駅に着いた時。
俺の乗ってた車両(ほぼ満車)、だれも降りないw

すっかり油断してたので
『うぉっ、着いてるやんけ!』と、慌てて外へ出る。

フィレンツェだからって皆降りるってわけじゃないようですね(-_-)笑

フィレンツェに到着

というわけで
フィレンツェ(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)に
無事到着です。

駅を出る

ホテルへ向かいます。
駅を出て目の前に見えるんはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会

道はキレイだったりガタガタの石畳だったり、
スーツケース引くのがしんどい

ホテルまではすぐのはずだったのだが、なぜかドゥオーモがある広場に出る。

どうやら道を間違えていたようだ(-_-)

んでここも何かの広場。
たぶんレプップリカ広場。

真ん中にメリーゴーランドが(゚д゚)

ホテルへ急ぎます(お腹空いた)

Tornabuoni Beacci

フィレンツェのホテルはトルナブオーニベアッチです。
場所はブランドショップが連なる通り沿いです。

道間違えたから倍以上の時間掛かった

OMEGAとBURBERRYの間にあります

んでチェックイン。
4階の1人部屋に案内される。

エレベーターで4階行った後も、さらに階段を登ったり下りたりして向かいました。

迷路みたい笑
(足痛いからほんと嫌だった)

部屋はローマと同じく、可もなく不可もなくといった感じ。

OMEGAとBURBERRYに挟まれてる割にはチープな印象です。

バスタブ無かったし(-_-)

サッとシャワーだけ浴びたらご飯へ!
地球の歩き方(ガイドブック)を見たら
よさげなお店が近くにあったので行ってみます

TRATTORIA MARIONE(トラットリア マリオーネ)

フィレンツェの家庭料理の店という事でローカルなのがリーズナブルに頂けるそうで。
そしてホテルから近い


リーズナブルといっても予算20~35€との記載。
割と高くね?

まずはハウスワイン

モッツアレラとハムのなんたらかんたら

ローストビーフ

以上。
の予定だったんだけど、
ワインが残ったし、
前のテーブルで子供が食べてたスパゲティが美味そうだったので同じのを注文する事に。

量が多い( 一一)

もう1人フードファイト状態。
とりあえず、全部美味い(^ω^)

全部食い終わるころにはお腹はパンパン、店はガラガラ

んで、そこそこ酔っ払ってフラフラ

お支払いは38€
あとでカードの利用明細見たら4693円だった。
※1€=123.5円

リーズナブル・・・(´Д`)?
まぁ、量をいきましたからね。笑

アルノ川

腹パンパンでフラフラの状態でホテルの近くを流れるアルノ川に架かる橋へ

アルノ川
イタリア中部を流れティレニア海に注ぐ、長さ241kmの川である。
Wikipediaより抜粋

向こうに見えるはヴェッキオ橋。

ヴェッキオ橋
アルノ川に架かる橋。
イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。
河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。
橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。
Wikipediaより抜粋

マジで満腹で動けないので
しばらくぼーっとしてました。

んで程よく酔っていい気分で地球の歩き方を見て思いつく

『ミケランジェロ広場へ行こう(^ω^)!!』

後半へ続きます、、、
フィレンツェ観光1日目(後編)街を歩く&後輩と夜の街で飲む

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
ローマ、ミラノでの地下鉄の乗り方や、マルペンサエクスプレス、レオナルドエクスプレス、Italoなどの高速鉄道の乗り方も紹介しています。
イタリア旅行で失敗したことや、実際に行って感じた治安も記事にしています。
よろしければご覧ください。
イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280