シェアまたはブックマークする

【ロシア】モスクワを弾丸観光する為にビザを取ってきた【通過ビザ】

シェアまたはブックマークする

イタリアに行くことになりました!
まずは今回のフライトをご覧ください

行き:成田⇒モスクワ⇒ローマ
帰り:ミラノ⇒モスクワ⇒ローマ

ご覧の通りモスクワ経由にしたんですが《せっかくならロシアに寄ってみよう》と思い、
帰りのモスクワ経由をわざとトランジット時間の長いフライトを選びました。

んで予約完了してからモスクワ観光を計画しようとしたら、なんとロシアの空港の外へ出るためにはビザの申請が(絶対)必要だという事を知ったのです(-_-;)

てことで、超面倒だったんですが致し方なく都内にあるロシア大使館へビザの申請へ行ってきたので紹介します。

スポンサーリンク

ロシアのビザ申請をしてきた

観光ビザ?通過ビザ?

調べてみると、ビザには何種類かあるようですが、自分のトランジット間の観光は【通過ビザ】と呼ばれるものになるようです。

通過ビザは、日本からロシアを経由して第3国に渡航する場合にのみ申請が受けられます。
この場合、ロシア滞在可能時間は3日間以内に制限されています。
在日ロシア連邦大使館HPより抜粋

ビザの有無は色々細かいから要確認

今回の自分の場合、行きのモスクワでのトランジットはビザが不要となります。
帰りもそのまま帰れば不要ですが、観光の為、一度空港を出なければいけないのでビザが必要となったわけです。

ロシアのビザは申請方法が色々あるのでこのページでは自分が行った通過ビザの申請のみ紹介します

ルートや行く国、日数によって申請のビザが違うようですので、とりあえずロシア経由でトランジットや観光をしようとしてる人は、在日ロシア連邦大使館のホームページ査証申請のページをよーーーーく見てください笑

ロシア通過ビザの取得方法

というわけで通過ビザの取得方法の紹介です。

今回の自分みたいな通過ビザの取得はとても簡単です。

通過ビザ申請で用意したもの

パスポート(原本)

電子申請用紙(写真を貼って、日付とサインを記入)
申請用紙の用意は別ページで紹介します。
【弾丸観光】ロシアの通過ビザの電子申請用紙を発行した

旅行確認書
※自分の場合はExpediaで予約したのでそのEチケットを印刷したもの(コピーでOK)

・お金
※下で紹介するビザ発行料を参照ください。

ビザ発行料

申請するビザの種類と、受け取りまでの期間で金額が変わります。
※受け取りまでの期間は労働日(営業日)で計算するので気を付けましょう。

ビザの種類 6~10労働日 4~5労働日 3労働日以内
観光/通過 4000円 4000円 10000円
それ以外 無料 4000円 10000円

日本円で現金のみの受付です。
詳しくは在日ロシア連邦大使館のHPをご参照ください

自分の場合は、10労働日前だったので無料で申請出来たのですが、取りに来るのに都合がつかなかったので4000円のちょっとお急ぎ便的なものにしました。

ロシア大使館(領事館)へ行く

所在地: 〒106-0041 東京都港区麻布台2丁目1−1
電話: 03-3583-4224

受付時間

月曜日から金曜日までの9時30分から12時30分まで
(まさかの平日3時間営業)

領事館の場所

上の地図の場所へ行くと、通りに面して大きな門(大使館の正門?)があります。

その大きな門の右側にあるのが領事館の入り口です。

こんな感じで、慣れていないとかなり入りづらい雰囲気(笑
※この鉄格子は閉まったままなので、受付時間になったら勝手に開けて入ってOKです。

入ったら看板にならって右に進んでいけばビザ申請の建物へ行けます

何個かドアを開けて領事館の中へ。

領事館で申請する流れ

1.発券機から番号札を取る
発券機は銀行の受付みたいなやつです。
窓口が3つあるから番号が呼ばれるまで待つ

2.番号が呼ばれたらその窓口へ行く
(たぶん真ん中の2番窓口が申請の受付用)
※注意1.番号札の番号で呼ばれますが、気づかずに過ぎてしまったら再度番号札を取らないといけないようです(^^;

※注意2.朝イチで番号札を取ると昨日の続きの番号になる可能性があります。
私が行ったときは最初の人が47で、2番目の人から1.2.3…と続いていました。
なので、もし最初に券を取って1番じゃなく、最初に呼ばれなかったらしっかり申し出ましょう。

3.用意した書類を提出する
窓口で担当の人が不備がないかチェックします。
※事前に申請書に写真(サイズ:4.5cm×3.5cm)は貼り付けておきましょう

4.支払いをする
担当の人が「無料のでいいですか?」と聞いてきたので、『4000円ので』と申し出ました。
すると隣の3番窓口(レジ)へと案内されるのでそこで支払いをします。

5.引換券をもらう
支払いを済ませると黄色い引換券をもらえますので、これで終わりです。

※受け取りまでパスポートは預けたままになります。
なんとなく不安になりますが、大使館なので安心してお任せしましょう(笑

申請にかかる所要時間

受付が4番目の自分でしたが、領事館に入ってから15分もしないうちに全て終わって外に出ていました。
※観光会社などの代行でまとめて数十枚を申請する場合もあるらしいので、その場合は終わるまで待つしかありませんね。

引換券に引き取り可能日が記載されている

これが自分の引換券です。
PICK UPの次に記載されているのが引き取り可能日となります。

当たり前ですが、引換券の紛失に注意しましょう。

紛失した場合は・・・知りません。
領事館に問い合わせましょう。

受け取り

引換券にPick UPと書かれた横に日にちが書いてあるのでその日以降に取りに行きます。

※記載されていた日の朝イチ(9:30)に、取りに行きましたが問題無く完了していました。
(というかパスポートにビザが貼ってあるだけだから当日その場でもすぐ出来るやろ)

引取の場合は、番号札は不要でそのまま3番窓口(レジ)に行けばOKです。

他の窓口に並んでいてもそれは申請の方なので、3番に並んでOKです。
※もし違ってても怒られるだけです。

窓口で黄色い引換券を出すと、領収書的なものとビザの発行されたパスポートを渡してくれるので、これで受取完了となります。

ちなみに受け取りの際は、引換券を出してパスポートを受け取っただけで、担当の方と会話はゼロでした。笑

受け取りにかかる所要時間

受け取りも領事館に入ってから10分掛かりませんでした。

特に引取は並んでいる人がいなければすぐ終わります。
※自分の並んでる前に20枚くらい引取に来てる代行業者?の方がいてちょっと待った

駐車場

下のGoogle Mapに載っていないですが、大使館の目の前にコインパーキングが2件ありました。

おわり

というわけでロシア領事館へ行ってビザ申請をしてきましたが、大して難しい事もなく簡単でした。

むしろ日ごろ行くことのない大使館へ行くことが出来てちょっとした社会勉強にもなりました(笑

ただ、平日の午前中しか受付してくれないので通常の社会人では日程的に厳しいと思います。
(しかも申請と受付の2回行かないといけない)

その場合はビザ申請の代行業者を利用するとよいでしょう。

最後までご覧頂き有難うございました。
今回のロシア弾丸旅行記(ブログ)や、アエロエクスプレスの乗り方、聖ワシリイ大聖堂(赤の広場)への行き方などは一つのページにまとめています。
よろしければご覧下さい↓
モスクワ弾丸旅行のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280