シェアまたはブックマークする

Italoでイタリア鉄道旅行!乗車券の買い方&乗り方紹介【ローマ⇒フィレンツェ⇒ミラノ】

シェアまたはブックマークする


今回のイタリア旅行で街と街の移動をする際、Italo(イタロ)という高速列車を利用しましたので乗車券の買い方と乗り方を紹介します。

旅行へ行ったのは2017年2月なのでその時の情報となります。
当時のレートは1€≒119.2円となります。
最新のレートはYahoo!ファイナンスでご覧頂けます
スポンサーリンク

イタリア旅行にイタロが便利

イタロは、トリノ、ミラノ、ボローニャ、フィレンツ、ローマ、ナポリ、ヴェネツィアなどのイタリア主要都市を繋いでいるの高速列車です。

運行ルート

・ミラノ⇔ボローニャ⇔フィレンツェ⇔ローマ⇔ナポリ

・ヴェネツィア⇔ボローニャ⇔フィレンツェ⇔ローマ⇔ナポリ

・トリノ⇔ミラノ⇔ボローニャ⇔フィレンツェ⇔ローマ⇔ナポリ⇔サレルノ

上のマップを見て分かる通り、主要都市同士を結んでくれているので、イタリア旅行をする上で、かなり便利な移動手段になります。

というわけで今回はローマ⇒フィレンツェ間と、フィレンツェ⇒ミラノ間の移動で利用しました。

券売機でチケットを買う方法

今回はフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅でチケットを購入したのでその様子を紹介します。

駅へ入ると窓口もありますが、今回は券売機を利用しました。

こちらの券売機を利用します。

○操作はタッチパネルのモニターで行います。

○まずは分かりやすいように英語表示にします。

○行き先を決めます。
ミラノの中央駅に行きたいので【Milano Centrale】をタッチ

○自分の場合は片道で、今日出発で、1人分なので以下のようになりました。
片道【ONE WAY】(往復はRound Trip)
今日【TODAY】(翌日以降も選択可能)
人数【1】(13歳以下は50%、60歳以上は30%オフらしい)
んで【CONTINUE】

○次の画面で乗りたい時間を選択します
金額も表示されています(49€≒5840円)

○次にシートクラスを選択
Smart⇒Club Executiveの順に良いシートになります

○選択したら【CONTINUE】

○座席の位置を選択します。
《世界の車窓から》を楽しむ為【Window】

○ちょっと何言ってるかわからないけど【OK】

※どうやらCinema coachのシートに割り当てられたみたいです。何のためにwindowを選んだのか(-“-)???

○内容を確認したら【PURCHASE】でお会計画面へ

○今回はカードで払うので【Credit Card】を選択

○すると『カードを入れろ』と表示されるので、モニターの右側にある端末を使ってカードで支払います

○カード挿入して読み込まれたらPINコードを入力

処理中

○処理が終わるとチケットが印刷されます

レシート

チケットはここから出てきます
※レシートだけ受け取って満足しないように!

これでイタロのミラノ行きチケット(乗車券)ゲットです(*‘ω‘ *)

チケットの見方

チケットで見るのは出発時刻【TIME】と電車番号【TRAIN】と車両番号【COACH】と席番号【SEAT】です。
この場合だと12:25発、9912番の電車、11両目の36番席て事になります。

イタロに乗る!

チケットを購入したら駅やホームにある電光掲示板をチェックして、表示されているホームへ行き、来ている電車に乗ります。

電光掲示板の見方

駅内やホームの電光掲示板を見ると電車番号やホームの番号が載っています。


↑この場合は9912番のMilano Centrale行き12:25発の電車は10番ホームに来るって事になります。

自分のチケットに書かれてる情報と照らし合わせて、指定のホームへ移動します。
○○番ホームの表示は出発する10分前とかに表示されるので慌てないで待ちましょう。
遅延の場合は電光掲示板の【delay】に時間が表示されます

打刻不要

イタリアの電車と言えば《チケットに日付時間の打刻が必要》ですが、今回のように時間や席の指定のある電車の場合は打刻は不要みたいです。

やりたい人は駅にある打刻器に突っ込めば打刻出来ます

車両に乗り込む

というわけで10番ホームに来ていた電車の11番車両に乗ります。

乗ったら席に番号があるので自分の席番号へ。
※自分の席になぜかお姉さまが座ってましたが、チケット見せながら「エクスキューズミー」って言ったら『Oh』つってどいてくれました。
空いてたから座ってたみたいです。

大きな荷物がある場合は入り口付近にある荷物入れに。

小さな荷物は頭上の荷物入れに入れます。
※入れる隙間ない場合でもみんな人のを勝手に詰めてねじ込んでました笑

シネマコーチの列車だと、天井のモニターが着いています。
音はシートの間にある穴にイヤホンジャック差せば聞こえます(イヤホンは自前)
もちろんイタリア語,,,

あと、USBは無いですが、コンセントがあるので充電なども出来ます。
コンセント形状はたしかCタイプだったかな

電車が走り出したら《世界の車窓から》を脳内再生しながら景色を楽しみます

けっこうみんな食い物持ち込んでます。
イタリア旅行ということでパニーノあたりが手軽でいんじゃないでしょうか(^^)

暇つぶしグッズあるといいかもですね

ふと車内の電光掲示板見たら【300km/h】の表示が!はやっ!

到着!

フィレンツェからおよそ1時間50分でミラノ到着!

※ちなみに、Milano Centrale駅の一個前がMilano Rogoredoっていう紛らわしい名前です。
アナウンスで『Milano Rogoredo』と言われて『あ、ミラノだ!』って間違えて降りないように注意しましょう!

降りたら改札も何もないので駅から出るだけです

おわり

というわけで券売機でイタロのチケットを購入して実際にフィレンツェからミラノまで行ってみました。

席さえ空いてれば簡単に購入する事が出来ますのでイタロ乗車希望の方は是非やってみてください

観光シーズンは混雑が予想されるので早めにチケットを購入しておいた方がいいかもですね!

最後までご覧頂きありがとうございました。

※今回のイタリア1人旅の記事はこちらのページにまとめてあります。
今回紹介したItalo以外にも、マルペンサエクスプレス、レオナルドエクスプレスなどの高速鉄道や、ローマ、ミラノでの地下鉄の乗り方も紹介しています。
さらにイタリア旅行で失敗したことや、実際に行って感じた治安も記事にしています。
参考になるかと思いますので、よろしければご覧ください。
・イタリア1人旅の日程とルートの紹介と旅行記のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280