シェアまたはブックマークする

【ボスニア旅行】サラエボ観光1日目(後編)ご飯が美味しい

シェアまたはブックマークする

ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行!サラエボ観光1日目の後編のブログです。
前編はコチラ↓
【ボスニア旅行】サラエボ観光1日目(前編)いきなりボッタクリ

今回の旅行の日程はコチラをご覧ください
【5泊7日の弾丸トリップ!】サラエボ⇒モスタル⇒ドブロブニクの日程

このページで紹介する為替レートは2016年11月時の1マルカ(KM・BAM)≒60円で計算しています。
※KMとBAMの違いは通貨記号と通貨コードの違いで同じマルカ(正式名称:コンヴェルティビルナ・マルカ)の意味です
img_5557
スポンサーリンク

サラエボ観光1日目(後編)

とりあえずサラエボに来て初のごはんに向かいます!

旧市街でお昼ごはん

バシチャルシャでご飯屋さんを探して、フラっと立ち寄ったのがこのお店
Zembilj

とりあえずのボスニアビール
img_5051

そして「ボスニアフードくれ」で注文して出てきたのがコレ。
img_5055
名前を聞くと『ゴラフ』という。
なんか美味しいビーフシチュー。
お肉たっぷりで味濃いめで普通に美味かった(´▽`)

帰ってゴラフを調べてみたけど、検索に引っかからない。

取っておいたレシートを取り出して見てみたらGULASと書いてある。
調べてみたらグヤーシュと読むらしい。
ゴラフ、、グヤーシュ、、言葉って難しい。

ハンガリー起源のシチュー料理らしいです。
(え、ハンガリー?)

ちなみに金額
ビール:3.5KM(約210円)安いw
グヤーシュ(パンもついてくる):7KM(約420円)
友達が頼んだチャイぽいやつ:2KM(約120円)
合計:12.5KM(約750円)

支払いはカード(AMEX)使えました。

店員が言うにはボスニアは肉料理が多いぞーとのことでした。

バスターミナルまで散歩

ご飯を食べた後は散歩がてら、明日のモスタル行きのバスのチケットを買いにバスターミナルまで歩いて行きます。

旧市街にあるモスクへちょっと寄り道。
img_5056

ガジ・フスレヴ=ベグ・モスクは、ガジ・フスレヴ=ベグ(Gazi Husrev-beg)によって1531年に建てられたモスクであり、美しいオスマン建築の建築物である。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のとき、モスクはボシュニャク人の象徴として攻撃対象とされ、サラエヴォ包囲ではガジ・フスレヴ=ベグ・モスクも大きく損傷を受けた。
紛争終結後の1996年から修復が始まった。
しかしながら、このときの修復資金にはサウジアラビアからのものが多く、修復に際してはワッハーブ派の影響を受けた。
修復後のモスクからは色彩や装飾的な要素は取り払われ、白を基調とした質素なつくりとなった。
2000年から、モスクを紛争前の姿に戻すための、完全な修復の作業が始まった。
中略wikipediaより

img_4980

ドローン禁止
img_4979

ちょうどお祈りの時間になっちゃったので入れませんでした。

こちらは先ほどのカトリック大聖堂
img_5063

そしてちょっと歩くとセルビア正教会
img_5068

モスクがあったり聖堂や教会があったりと多民族、多宗教が入り混じってるのもここの見どころですねー

通りがかった公園でなにやら人だかりが出来てると思ったらチェスしてた(でかい
img_5065

ゲロもいつの間にか調子が良くなったみたい(*’▽’)
img_5073-1

ゲロが元気になったところで街並み見ながら一気にバスターミナルへ行きます
img_5074

img_5075

img_5076

img_5077

img_5078

img_5082

img_5085

img_5086

img_5092

img_5089

はい到着!
img_5096
チケットの買い方とサラエボからモスタルへの行き方は別記事で紹介したのでそちらをご覧ください。
ボスニア旅行!サラエボからモスタルへバスで向かう方法

またタクシーにぼったくられる

んで、明日のチケットを買って来た道を歩いて帰ろうかと思ったら雨が。

なんか雲行き怪しいなーて思ってたんですよ。
img_5100

んで、バスターミナル前にタクシーがたむろってて声を掛けられる。
タク「どこまでいくんだ?」
おれ『旧市街の手前のホテルボスニアまで』
『ちなみに、あなたメータータクシー?』
「いや、そこまでなら10KMで行ってやるよ!」
「今日は日曜日だから特別サービスだ!」
『(お、空港のやつに30KMでぼったくられたから10KMて、安いじゃん!日曜は暇なのかしら?)じゃーお願い!』

※ちょうどタクシー乗ってから雨が強くなってきた
img_5101

んで、10KM払ってホテルに着いたんだが、後で知ったらその半分以下で行けたようだ。。。
なにが「今日は日曜日だから特別サービスだ」だよ・・・(´-`)
まぁ10KMつっても600円程度の話だけどさっ。

夜ご飯

ホテルで体制を整え、晩御飯先をトリップアドバイザーで検索して出てきた近くのチェバブチチ屋さんに行きました。

夜のサラエボはなんとなく不安になるようなならないような・・・
img_5107

まだチェスしてる・・・
img_5109

といってもまだ暗くなったばかりだから人もいます。
img_5117

img_5119

そして到着したのがココ
ZELJO

img_5125

よくわからないけどチェブチチを注文。
ピタみたいなやつに棒状のハンバーグが入ってるやつでした。
そのハンバーグみたいのがチェバブチチかな?
本数選べるから10本のを頼んでピタを残した方がいいと思う。
※写真は5本。ほとんどピタ食ってた。。。
img_5127

味は美味しかったけど、まぁうーん普通?笑
他にも食べたかったのに想定外のピタのせいでお腹いっぱいなっちまった。

ちなみに入るときは全然客いなかったけど時間経つに連れてどんどんお客さん入ってきてました。

夜の旧市街

んでそのまま夜の旧市街を散歩
img_5134

割と早い時間だけど店閉めるの早いね。
img_5136

img_5138

img_5139

セビリ(水汲み場)の近くにあるモスク
img_5140

適当に旧市街を練り歩く
img_5141

店によってはほぼ満席で盛り上がってるとこもありましたねー
img_5142

食後のボスニアコーヒー

んで、食後のコーヒー的な感じで開いてたカフェに吸い込まれる
img_5144

洒落乙な雰囲気
※風が強く、けっこう寒くなっていたので店内で。
img_5147

満を持してボスニアコーヒー
img_5151

砂糖入れないのでめっちゃ濃い&苦い&うまい(´▽`)
ボスニアコーヒーの飲み方は別記事で紹介します

夜の街歩き

んでホテルへ向かう。

旧市街からホテルまでの道のりも普通に人通りがあって特に危険なにおいしませんでした
img_5154

img_5155

img_5156

img_5175

img_5177

img_5173

聖火
img_5170

昼も夜もずっと燃えてた
img_5172

というわけでホテルに戻って爆睡です。
明日は午後にモスタルに移動するので、午前中のうちにサラエボをもう少し散策します
Next⇒【ボスニア旅行】サラエボ観光2日目。崖の上のカフェ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280