シェアまたはブックマークする

母もいぼ痔手術をした!!

シェアまたはブックマークする

さて、私が受けた痔の手術(痔核根治術)ですが、その後の快調っぷりを皆に言いふらしていたところ、一番食いついたのが60歳を超える私の母でした。笑

スポンサーリンク

60代の母が痔核根治術を受けた話

うちの母も長年、痔に悩んでいたらしく、
「手術をすれば良くなる」という話は知っていたものの、やはり肛門の手術ということでかなり気が引けていたみたいです。

私の自慢話が手術のきっかけに。笑

そこで実際に手術をした私が毎日のように
「快調だー!」
「産まれかわったようだー!」
(大袈裟ではなく本気で)
と話していたら、いつの間にか『やろう』と決心していたようです。笑

手術後も辛くなかった!?

さて、60代になる母の事なので、基礎代謝や自然治癒力も衰えていると思い『手術跡が治るまで時間かかるだろうし、痛いんだろうなー』て私は思っていました。

なぜって?
このブログにも書いていますが、母より年齢も若く、いたって健康な私でさえ手術直後はもちろんのこと、退院してからも相当辛い思いをしてきたからです。

当時の話になりますが
「良くするために手術したのに、こんな辛い思いするならやらなければよかった」とか、
「こんなに痛い思いをするなら死んだ方がましだ」など
手術後から完治するまでのつらーーーい状況も母には話してありました。

なので、痔の手術(痔核根治術)をやろうと決心したものの、治るまでの期間が不安で心配で仕方なかったらしいです(^^;笑

が!

なんと、うちの母は痔の手術をしてから治るまで、私が言うほどの大変な思いはしなかったらしいです・・・

私が相当辛いという話をしていたので、母自身がかなり辛いことを想像し、覚悟をしていたようなので、
実際に手術をして経過を見てみると「あ、こんなもんなんだ」という感じだったらしいです。

あと、女性は痛みに強いと。
(特に出産を経験していると余計)
これは私が入院しているときに看護婦さんにも言われました笑
「そんなに痛くないでしょ!ったく、男は痛みに弱いんだから!」ってね^^;

で、実際に手術から2カ月が経ちましたが
最初の2~3週間あたりまでは排便時に違和感や多少の痛みを感じると言っていたものの、実際に辛かったり耐えられないレベルではまったくなく。
手術後間もなくからほぼ通常の生活を取り戻しているようでした。

驚いたのが手術後の最初の排便でもそんなに言うほどじゃなかったという話です。

実際に手術を体験した私には、にわかに信じがたい話ですが、手術後に話しながら涼しくしている顔を見るとまんざら強がりでもなさそうでした。

やはり手術後のケアは大事

手術後にとくに大きな痛みや辛い思いをしなかった母ですが、やはり膿は出たようです。
肌の一部を切り取って縫っているわけですから、これは仕方ないですね(=_=;
蒸れやすく不潔になりやすい場所ですしね。

治るまでおしりパットやウォシュレットは必須でしょう。

ウォシュレットが無い場所では携帯ウォシュレットが活躍します。

痔・・・ 辛いですよね。 分かります。 私も手術前はとてもつらかったです。 なんといってもトイレ(大)の時。 ...

そして痔にはやっぱり円座クッションがオススメです。
手術後もこれがあるのとないのでおしりへの負担が変わるので回復までの時間も変わるはずです

退院後の検査通院は痛かったらしい

退院後からほぼ通常通りの生活をしていた母ですが、検査通院でされるチェックは辛かったようです。

これは私もトラウマになるくらい痛かったです。

なにがって、肛門が狭くなるのを防ぐために半強制的に拡張するんですが、それがもうめちゃくちゃ高電圧を流されてるような衝撃的な痛さでした^^;笑

他の全てが治っていても、なぜかこの拡張作業だけは毎回激痛が走ったのを覚えています。

いぼ痔手術は痛い?

いぼ痔を患ってる皆さんが感じる不安だと思います。

正直、私の場合は手術後から完治までの2カ月はけっこう痛く辛い思いをしてきました。
なので皆そう感じるのかと思っていました。

しかし、今回の母の話を聞いた感じだと、痛みに関しては
結局『人によって感じ方が違う』という事です。

最初から最後まで何も感じないという事はあり得ないと思いますが、人によっては私の母のように全然気にならない人もいますし、私のように毎日辛い思いをする人もいるかと思います。

その違いは何か?

これは私の憶測になりますが、辛いと感じない人は以下のような人ではないかなと。

・元々痛みに強かったり、精神的に我慢強い
・もっと辛い経験をしている(出産とか?)
・思いっきり酷い状況を想像しているから、実際やったときに「それほどでもない」と感じれる

そんな感じじゃないでしょうか?

あとは手術後の回復を早められるように日ごろの食生活に気を使っていればいいと思います。
うちの母は食品添加物を使わないようにしたり、肉・野菜は産地にこだわってました。

結局、手術をしてよかったのか?

手術を終えてほぼ完治までの状態までいった母ですが、
毎日のように「手術をしてよかった!」と言ってます^^

というより感謝されています(^^;笑

「私のお陰で手術を決心することが出来た」、
しかも
「手術をしてから生まれ変わったように調子が良い」と!

私と同じこと話していました。笑

とにかく、いぼ痔で悩んでいるのであれば手術をオススメ致します。

トイレ後に紙で拭く時の痛み、いぼを押し込めなければいけない手間・痛み。
酒を飲んだ時、辛い物を食べた後の翌日の痛み・・・
特に下痢の時なんて最悪ですよね(=_=)

それが今はほぼ無いんです。
チョーーーラクです!

「こんな世界があるんだ!」

「手術をしてよかった!」

きっとそう思えるはずです^^
うちの母は「もっと早くやっておけばよかった」と後悔しているくらいです^^;

ただ、やはり大事なのは手術を受ける病院や環境だと思います。
よろしければ別記事にて私が受けたいぼ痔手術のブログも公開しているのでご覧ください。

いぼ痔手術のブログ記事はコチラ
【痔核・根治術】いぼ痔の手術日記(1)初診

まとめの記事はコチラ
【痔核根治手術】いぼ痔手術のまとめ【入院・手術を終えて】

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280
スポンサーリンク336*280

シェアまたはブックマークする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280