シェアまたはブックマークする

【イスラエル一人旅】2日目ベツレヘム観光【4】

シェアまたはブックマークする

というわけでイスラエル旅行の2日目はベツレヘムへ行きます。

エルサレムからベツレヘムへはバスで向かう予定です。

スポンサーリンク

2日目ベツレヘム観光

前日に早く寝たため朝4:30に起床。
というか、工事?の音がうるさくて目が覚めました。
外は若干明るくなってきてました。

んで、5時にホテルに出る。
とりあえずベツレヘムへバスで向かうのでバス停に行って時間を見ようと思います。
IMG_9358

日中は店がたくさん出ているスークもみんな閉まっていて、暗かったです。
IMG_9361

人通りないと強盗に会う・・・なんて言葉が頭をよぎり早歩きで向かいました。
IMG_9363

で、ダマスカス門。
IMG_9366

この門から出てすぐのところにバスステーションがあります。
その中でベツレヘム行きを探すんですが。。わからない。
朝早すぎてバスいても運転手が乗ってないw
IMG_9371

とりあえず場所だけ確認して、一旦ホテルに戻ることに。

そのついでに人のいないヴィアドロローサ(イエスが十字架を背負って歩いた道)をもう一度歩きました。
IMG_9375

ドアノブに掛かってたパン
IMG_9374

んで、聖墳墓教会。
昨日来たときは観光客だらけだったので人のいない早朝に写真撮ろうと思います。
IMG_9410

日中と違う静まり返った教会内に聖歌?が響いてました。
その中に紛れ込むようにシャッター音が響く
IMG_9405

IMG_9382

IMG_9385

日中には行列だったイエスの墓もこの様子。
中には入れないようになっていました。
IMG_9400

墓の裏は入れるようになっていましたが、熱心な信者が1人で号泣していてはいれる空気じゃなかったです
IMG_9404

IMG_9389

IMG_9395

IMG_9407

IMG_9393

一通り見たらホテルに戻る・・・
IMG_9415

ホテルに戻ったのが7時頃。
丁度朝ごはん食べて、バス停向かえばちょうどいいかな~
なんて思ってたんですが。

ホテルのベルを押してもドアが開かない。
(ホテルの入り口がオートロックになっていて、ベルを押すと中からスタッフが明けてくれる仕組み)
連打するが・・・一向に開かない。
まじか。
10分くらい粘るも、音沙汰なし。

は?オワタ。

ムカついたから、そのまままたバスステーションに向かう。
そのころには市場も開き始めてたので、朝ごはんでトマトを一個買って食った。

んで、またダマスカス門から出てバスステーションに着くとバスが増えていて運転手も乗ってた。
IMG_9417

バス番号231の運転手にベツレヘム行くか聞いたら、
「行くよ。もうそろそろ出るよ」
って事なので乗る。
そして出発。

ドア閉まってぎりぎりに少年来てドア叩いてたけど運転手はフルシカト。冷たい。

んで、パレスチナ自治区にあるベツレヘムへ向かう。
IMG_9418

とりあえずベツレヘムが終着点らしいので、ずっと乗ってるだけ。
IMG_9420

で気づいたら到着。ベツレヘム。

バス降りた瞬間タクシーの運転手3人に囲まれる。
ベツレヘムの主要スポットを回って50ドルと言われる。高い。いや絶対高い!
断ってもついてくるので、フルシカトで歩いて探す。
IMG_9422

んで、普通にいた人にベツレヘムどこかって聞いたら、
「ちょっと時間かかるけど歩いて行けるよー」
って事なので歩いて向かいました。
マジで観光地のタクシーはクソばっかだわ
IMG_9423

ベツレヘムはエルサレムと違ってアラブ人が多く住んでいます。
こちらも市場が開き始めた時間でした。
IMG_9424

IMG_9428

とりあえず道があってるのか不安だったので、人に聞きながらメンジャー広場へ向かう。
IMG_9430

IMG_9431

メンジャー広場手前にあったスタバ。
と、思ったらスタバじゃなかったみたい。
本物はSTARBUCKS COFFEE。
これはSTAR BUCKS。
帰ってきて写真見返すまで気づきませんでしたw
IMG_9433

んでメンジャー広場到着。
バス降りて30分くらい歩いたかな?
ベツレヘムは治安悪いって聞いてたけど、
全然そんな雰囲気も無かったし、なんとかなっちゃうもんですね。(夜は知りません
IMG_9435

んでこのメンジャー広場にあるのが生誕教会。
イエスが生まれたとされる場所です。
IMG_9436

入っていいのかわからないけど、近くに団体がいたのでとタイミング合わせてしれっと一緒に入る。
IMG_9437

で中に入ったら1人で散策。
IMG_9438

内部は修繕工事中でした。
IMG_9442

IMG_9445

IMG_9448

生まれたとされる場所も入れるはずだったんですが、中で儀式?をやっていてはいれませんでした。
IMG_9451

そのまま生誕教会内を散策。
意外と広い
IMG_9454

IMG_9456

IMG_9458

IMG_9459

IMG_9462

IMG_9465

IMG_9460

迷路みたい
IMG_9484

IMG_9476

IMG_9478

IMG_9480

IMG_9481

IMG_9482

で外へ。
出た瞬間にタクシーに絡まれる。
何も言ってないので、「あそことあそことあそこ行って○○ドルだ」って。
いらんっつってんのに超しつこい!

とりあえず腹減ったからタクシーをしかとして
地球の歩き方に書いてあったカフェ?に行ってみる。
ご飯食いたかったけど、アイスとコーヒーしかないらしい・・・
なのでアイス。
IMG_9486

とりあえずオススメ頼んだら出てきたやつ。マカダミアナッツとか入ってる系?
久しぶりのアイスは美味く感じた。笑
IMG_9487

小高い山の上にあって外の席は街並みと分離壁が見え眺めが良かったです。
IMG_9489

んで、店から出たらさっきのタクシー運転手が待ってるw
しつけーなーと思いながらも安くしてくれれば使うかと思い、値切ったら言い値でOKされた。(値段忘れた
IMG_9511

んで、行きたかった羊飼いの丘にあるラテン教会とバンクシーアートと分離壁アートを回ってもらう。
ガイドブックを見る限り、ラテン教会は自分的に一番見たかった教会です。

てことでまずは羊飼いの丘のラテン教会へ。

・・・向かう途中でバンクシーアートがあり、車を止められる。
バンクシーはイギリスの有名なアーティストで世界中でストリートアートを描いている人です。
ベツレヘムには4か所?描かれています。

最初はこれ。
街中の何気ない壁に書かれてました。
『金のハートを落とす天使』
IMG_9491

次はコレ。工場?の壁に描かれてました。
『花を投げる人』
IMG_9492

そしてラテン教会に。
IMG_9494

いよいよあの教会を見れるのかーと意気揚々と入って行ったんですが、なんか様子が違いました。
IMG_9496

どうやら違う教会だったようです・・・
ゲートに書いてあった名前を見る限りフランシスコ修道会の管理されてる土地?的な?
IMG_9497

IMG_9498

IMG_9499

IMG_9500

IMG_9501

せっかくきたので見て回ることに
IMG_9502

IMG_9503

IMG_9504

IMG_9505

んで、ラテン教会と違うって伝えると、「あーもう一個あるわ」てことでそっちに向かってもらう。

5分くらいで到着。近い。
ラテン教会
IMG_9512

IMG_9513

IMG_9514

ガイドブック見るとここの壁と天井の絵画が抜きんでて美しいと思い、行きたい場所の一つでした。
てことで内部へ。
入るんだけど、誰もいなくて入っていいのか分からないw
て思ってたらツアーの団体きたのでさっさと入る。
IMG_9516

IMG_9517

IMG_9522
やっぱり他の教会とは全く違う雰囲気!
フレスコ画で埋め尽くされてます。

広角レンズがいい感じ(^o^)
IMG_9547

んで外に出てこれまた入っていいのかどうか分からない建物に入る。
IMG_9531

IMG_9532

IMG_9533

IMG_9534

IMG_9540

一通り見て出ようと思ったらゲートが閉まってる。
IMG_9548

呼び鈴押すとあけてくれるみたいだけど・・
IMG_9549
押しても開かないw
スタッフに言いに行くと「押せば開くから待っとけ」て。
仕方なくもう一回押しに行くと開いた。
さては、さっきのスタッフが開けてるんじゃなかろうか

で戻ると木陰で爆睡してる運転手
IMG_9551

次に向かうはバンクシーの残りのアート

狙われる鳩
IMG_9558

子供にボディチェックされる兵士
IMG_9559
この絵はもともと壁に描かれてたんだけど、その壁際に店を作ってるから外からじゃ絶対わからない場所ですw
IMG_9560
ちなみにこの店ではバンクシーアートをプリントしたTシャツが売られてました。

他にも分離壁に描かれた落書きを軽く見させてもらいました。
IMG_9568

落書きの多くはパレスチナの解放や平和を願うメッセージが込められたものです
IMG_9572

バンクシーのような著名なアーティストを始め、多くの人がメッセージを込めて描いています
IMG_9576
しかしこんなでかい壁がいきなり作られて出られないようにされたんだから、たまったもんじゃありませんね。

そしてベツレヘムの街へ戻ってもらいました。
しつこいけどいい運転手だったので軽くチップ渡してバイバイ。

またバス乗り場まで歩いて戻ります。
IMG_9580

朝には閉まってた店も開いて、人も多く活気がありました。
IMG_9592

IMG_9594

あと金のアクセサリー屋が多くありました。
IMG_9598

せっかくベツレヘムまで来たのでベツレヘムっぽい金のネックレス買いました。
本物の金か?・・・金でしょう。
IMG_9587
ネックレス買ったら「お茶飲もう」て言うのでちょっと休憩しました。
お茶を出すあたりがアラブ人ぽいですね。エジプトの人達もそうでした。

んで、思っていたよりいい車が多かったです。
IMG_9602
もしかしたら車を持ってるのはイスラエル人で、パレスチナ人の持ち物ではないのかもしれませんが。

んで、バス停に戻るとちょうどバスが来てる!ラッキー^^
IMG_9604

行きたいところだけ決めて適当に旅行してるだけなのに、なんとかなっちゃうから面白い。
運がいいのか、タイミングがいいだけなのか?

てことで出発。てか俺乗ったら出発した。
待っててくれた?(^^)
IMG_9606

IMG_9609

んで、ここが噂のチェックポイント。
IMG_9611
ここでパレスチナ人はゲートの前で一回バスから降りてイスラエル兵に許可証のようなものを見せなければいけません。
その間、バスはゲートを通過したら端で停まります。

自分はそのことをわからずバスに乗ったままで、
「なんでみんな降りちゃったの?」て思ってたんですが、
イスラエル兵がバスの中に乗ってきて、乗っている人の顔を確認してるのを見て、
『パレスチナ自治区とイスラエルの間にチェックポイントがある』てのを思い出しました。

ちなみに、向こうから見たらあからさまな外人(アジア人)の俺は顔パスでした。
場合によってはパスポートのチェックも必要になるようです。
IMG_9612
んで、パレスチナ人たちのチェックが終わると再度バスに乗って出発します。

そしてエルサレム到着。

なんだかんだまともに飯食ってなかったらご飯にすることに。
ダマスカス門の近くにあるアルアィエドて店に。地球の歩き方に載ってた。
IMG_9616

IMG_9620

オススメ頼んだらラムドライス?ってのが来た。量ヤバイ。
ラム肉なのか?めっちゃ旨かった
IMG_9624
テーブルに置いてあるチリソース的なもの入れると辛くなってさらにGood
IMG_9625

しかしいくらうまくてももちろん全部食えず。
残していいのか?
宗教的に残したらなんかあるのかな?
とか勘ぐりながら前のテーブルみたら
IMG_9626
めっちゃ残してたw

んで、ダマスカス門から旧市街に入って一旦ホテルで体制を整えて新市街へちょっと行ってみることに。
IMG_9628
旧市街はいつも兵士がいてました
IMG_9629

ホテルに戻るまでに軽くお土産見ながら歩いてたら仕事熱心な若者たちを発見。
IMG_9644
寝方w
IMG_9643

ホテル到着。
このマネキンにいつも驚かされた。
IMG_9642

んで、旧市街を出たところにあるマミラモールへ。
ここは旧市街とは全く雰囲気が違いました。

日本でいうとプレミアムアウトレットとか六本木ヒルズのショッピングストリートとかお台場のヴィーナスフォートっぽい感じ?
IMG_9650

IMG_9651

IMG_9652

IMG_9653

IMG_9661

IMG_9655

IMG_9657

IMG_9659

なんかこのマミラモール全体がアートでした
IMG_9654

IMG_9663

IMG_9665

マミラモールを出たら酒屋発見。
もう暗くなってきたし、イスラエルワインでも買って部屋で飲むかなーて思ってオススメの購入。
IMG_9674

暗くなってからでは危険が伴うのでは?!
なんて一人で盛り上がってワインもってウキウキしながら歩いてると・・・・
IMG_9671

路上にテーブル出して飲んでる人たちに絡まれる
「よう兄ちゃん!飲もうや!ビールおごるやで!」
『ほんまか!ええで!飲もうや!』
で、一緒に飲むことに。
IMG_9676
なんかすげーでかいビールくれた。
で、重大なことに気付く。

英語、話せない!

私、簡単なやり取りは出来るけど普通に日常会話なんて出来るレベルじゃないんですよね。
だもんで、なんか話されてもテキトーに『イェア!イェア!』て答えてたらなんか変な盛り上がりを見せてて、
よくよく聞いてみたら
「日本人の女はゲップをする男に魅力を感じる。」
みたいな話になってて、全力で否定しといた。

ちなみにここはバーなんだけどいたのはマスターとなじみの客だけで外で飲んでたみたいです。
みんないい人だったなー!隣にいた女の人めっちゃ美人だったし!
IMG_9675

で、そのあとも何杯か飲んでたらワイン飲めなくなったから、ホテルに持って帰ってそのまま爆睡。
長い1日だった。

Next⇒【イスラエル一人旅】3日目(前編)オリーブ山周辺散策【5】

イスラエル旅行関連リンク

外務省 海外安全ホームページ(イスラエルの治安)

イスラエル旅行に行くならExpediaがオススメな理由

地球の歩き方 イスラエル 最新版(おすすめガイドブック!)

旅行便利グッズ

今回行ったイスラエル旅行の記事一覧

7泊9日の男一人旅・日程とルート
日本出国&イスタンブールで乗り継ぎ&イスラエル入国
初日前編エルサレム旧市街散策
初日後編エルサレム旧市街散策
2日目ベツレヘム観光
3日目(前編)オリーブ山周辺散策
3日目(後編)エルサレム新市街散策
4日目 マサダ⇒死海⇒エイラート
5日目 エイラート観光
6日目前編 日帰りヨルダンツアー
6日目後編 エイラートの夜
7日目 エイラート⇒テルアビブ観光
8日目 テルアビブ観光⇒成田

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280