シェアまたはブックマークする

【痔核・根治術】いぼ痔の手術日記(7)術後6~7日目【出血・激痛・通院】

シェアまたはブックマークする

いぼ痔手術をして術後6日目、7日目のブログです。

スポンサーリンク

いぼ痔の手術日記

手術後6日目

退院して1日目です。
排便の恐怖に備える為に、朝5時に起きて痛み止めを飲んで二度寝しました。

8時起床。
おしりチェックすると、相変わらず血が止まってない様子。

その30分後、排便。
痛み止めのおかげか、少ししか痛くなかった。
それでも充分痛いけどね・・・。

会社へ行ってスタッフに挨拶。

痔で入院していると言ってあったので、「まだ本調子ではない」と告げる。
周りの理解を得る事は大事です

でも、本当は手術して1週間で普通に回復してると思ったんだけどなぁ~

んで、こともあろうかウォシュレットの無い我が社で便意。

携帯ウォシュレットを買っておいてよかった。
これはまじで助かるw

てか痛い。
そして血が止まってない。
ダラダラ出てくるわけじゃないけど、おしりに当ててるパットがふつうに真っ赤。
あーもう、恐怖を感じずにはいられない!
早く先生に見せて判断をしてもらいたい!

昼に退社して、自宅でずっと横になる。
もうね、座ってられないんですよ。
ほんと。痛くて。

この日は痛みと出血の止まらないまま就寝。

手術後7日目

退院して2日が経ちました。

そう。今日でいぼ痔の手術から1週間経つ。
当初の予定では普通に日常生活を取り戻しているかと思っていた。

しかし、現実は違った。

痛いどころか、激痛がありまともに座っていられることもできず、ちょっとの距離も歩くのが辛い。
なんてこった。
とんだ想定外だ。

退院後初の診察で激痛の連打をくらう

とりあえず、血が止まってないので退院後最初の診察へ行く。

先生に診てもらうと、この出血は、まぁ許容範囲内らしい。
むしろ順調だと。

順調なら安心だ・・・

いや、順調でこんなにつらいのかよーーーーー
しんどい。

んで、中のチェックか知らんが、おもむろに指を突っ込まれる。
くっっっっそ激痛が走る!
思わず声も出る
「う゛ああああ!しぇんしぇ~~!」
先生「あーゴメンゴメン、ちょっと我慢ねー」て。
まぁとりあえず中の方も順調らしい。

というかたまにこうやって指突っ込んで穴広げとかないと、肛門が狭くなる可能性があるから後々面倒らしい。。。

これ、ほんと痛かった

んで、出血によって血豆が2つ出来てるらしく。
先生「焼く?局所麻酔でやるから麻酔がちょっと痛いかなー」て。
んで、「そうすることによって血が止まるか?」と先生に聞くと、「止まるよ」と言うのでお願いした。
まさか、診察にきて局所麻酔打たれてレーザーで焼かれるとは思わなかった。
ちなみにこのやり取りは診察ベッドの上で先生にけつ見せながら話し合った。

まずは出来てる血豆を取るんだけど、これがまた痛かった。
血豆を指でつまんで引きちぎる感じ。麻酔無しで。
もうね、くそ激痛。
というかここ来てから激痛しかない

そのあと局所麻酔を2か所した後、レザーのジジジジジという音と焦げたニオイがぽわ~んと。
麻酔したときにちくっとしたけど、それからは痛くはなかったです。さすが麻酔。

とりあえずは経過順調らしいが、これいかに。

帰宅後、痛み止めを飲む。

落ち着いてから会社へ。

夜まできつい痛みもなく、今までみたいに血が出てる感もなかった。
焼いてもらってよかった・・・
とはいっても、日常生活に支障ありまくりな痛みは全然あります。ハァ。。。

NEXT⇒【痔核・根治術】いぼ痔の手術日記(8)手術後8~11日目【排便痛・膿】

まとめ⇒【痔核根治手術】いぼ痔手術のまとめ【入院・手術を終えて】

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280