シェアまたはブックマークする

【痔核・根治術】いぼ痔の手術日記(3)手術当日

シェアまたはブックマークする

いよいよ長年連れ添ったいぼ痔とのお別れの日・・・

いぼ痔の根治術、手術当日です。

スポンサーリンク

いぼ痔の手術日記(3)手術当日

朝6時起床。

起きたというより、看護師が強制的に個室に入ってきて起こされ、体温計を渡されます。
体温、体調とも問題なし。

手術準備

7時ごろ、処置室にて浣腸される。

ちなみに浣腸初体験。。。
注入された瞬間、猛烈な便意で、備え付けのトイレでスパーク。

昨日の下剤といい、とにかくおなかの中を空っぽにしなければいけないらしい。
(このときはあまり気にしていなかったが、後でこの重要性を知る)

その後部屋に戻る。

トイレとベッドを往復しながら時間が経つ

9時ごろ、点滴用の針を左腕に刺される。
その時「外すのはあさってだよ」と告げられ、注射嫌いな私は絶句する。

また、本日の手術は3人らしく、私は一番最初らしい。

10時過ぎ、個室で再度注射を打たれる。
緊張を和らげる注射らしい。
ちなみに筋肉注射。

いったい何本注射打たれるんや・・・(注射大嫌い)

その後、点滴を受けたまま、コロコロで引っ張りながら歩いてオペ室へ向かう。

いざ手術!

オペ室に入る前に自分の名前を言う。
入ると気を紛らわす為だろうか、クラシック音楽が流れている・・・

いよいよ手術か・・・
腹をくくる。

まずは手術台に横向きに座る。足は下に下ろす格好。
そしたら背中を丸めて猫背の体勢。

腰らへんに麻酔の注射を打たれる。
ちょっとちくっとする程度で痛くはなかった。

その直後からじわじわとおしり周辺が温かくなってくる。
それと同時に脚が痺れてくるのが分かる

先生がそれを確認したら手術台に仰向けになる体勢に。

もうこの辺から下半身は露出しまくりで先生、看護師にお披露目。
まぁ向こうも見慣れてるだろうし、こっちは手術で頭いっぱいでそんなこともどうでもいい状態w

ただ、おばちゃん看護師があからさまにガン見してきたのにはちょっと興奮・・・いや、困惑した。

体勢を変えてから、脈拍と血圧を測り始める。
医者系のドラマでよく見るあの折れ線グラフみたいなやつだ。

若干びびってた為か?もともと低血圧だからか?
血圧が低かったため血圧を上げる注射を打たれる。
すると若干心臓の音が大きくなって、血圧があがった。おそろしい。

すると手術台の脚の部分が左右に分割され、
さらにおしりを開いた状態でテープで固定される。

いよいよか・・・覚悟する。

しかし、麻酔が効いているため、全く痛みを感じない。
痛みはないけど腹部になんか違和感がある程度。
問題なし。

麻酔は下半身のみなので、先生と看護師の話は聞こえる。
あとは、カチャカチャ、チョキンといった無機質な音が聞こえる。

たまに焦げ臭い臭いがして、「レーザーで焼いてるのかな~」って感じ。

手術中も先生が気を利かせてくれて、「大丈夫ー?」とか声をかけてくれました。

んで、特に異常もなく?(見えなし、感覚もないのでわからないが)
約30分で手術が終わりました。

実際の時間より、早く感じました。

手術後、先生が「取ったやつ見る?」と言ってきたので、せっかくなので見せてもらいました。

んーでかいwてか気持ち悪いw
なんていう、かウナギの肝みたい

個室に戻る

10年以上付き合ったいぼ痔に別れを告げたら、
麻酔が効いて歩けないのでストレッチャーに乗せられて個室へ移動してもらいました。

ベッドに移動してもらって点滴に痛み止めを追加。
大体4時間後に麻酔が切れるらしいです。

このとき、もう脚は自分の意思では動きません。
触っても感覚もなし。
ちなみにち○こも全く感覚ありませんでした。なんかこわい。

そうこうしてる間に点滴が切れたのでおかわり。

今日は1日食事無しです。

また、歩けないのでトイレも尿瓶にします。
尿意を感じたら看護師を呼んでくれといわれました。

手術後最初の問題として、排尿がスムーズにできるかということがあるようです。

14時ごろ。
まだ痺れる感覚はあるが、ひざを曲げたり、指先を動かしたり出来るように。
お尻の痛みはまだ無い。痛み止めが効いてるだけ?実はこんなもんとか?笑

初の尿瓶に四苦八苦

15時頃
尿意を感じたので看護師に尿瓶を持ってきてもらう。
IMG_9693

尿瓶を使うのも初めてです。
寝ながらするっていうことに、なんか抵抗が・・・
しかし、しようと思ってもうまく出てこない・・・

たしかに感覚のないままおしっこするのは難しいです。

四苦八苦しながら、しようと思ってから10分くらいかけて出すことに成功しました。
なかなか難しいもんですが、とりあえず最初の障害をクリア。

このときには若干痺れてる感覚がありながらも脚は動かせるようになりました。

が、おしりとち○この感覚はなし。

16時ごろ
看護師による経過チェック。
まだ痛みも無し。出血も少なくて良好な状態。らしい。
傷口に当ててたガーゼを取り替えてもらう。

手術後の痛みとの闘いが始まる

その後、10分くらい経ったら痛みが出てきた。
肛門周辺がズーンと重くなるような痛み

17時ごろ
ズーンという痛みに加えて肛門付近がズキズキとした痛みが加わる。
麻酔が切れたぽい。。。
このとき脚の痺れも全くなくなってる。
おしりが痛くてつい力が入ってしまうが、なるべく力まないようにする。。。

17時半ごろ
痛いと言ったら痛み止めをくれた。
もっと早く言えばよかった・・・

18時ごろ
気付いたら最初のズーンとした痛みだけになってた。
痛み止めが効いてきたのかな?

そして、尿意というか残尿感があるのに出ない。
出すのにコツがいるようで、まだ出すまでに時間かかる。
おしっこ出ないと管を通さなきゃいけないと脅されるので、出るたびに一安心。

21時消灯
この頃また痛みがぶり返してくる。
寝たいのに寝れない。。。
21時半追加の痛み止めを飲む。

22時ごろ
就寝・・・

23時半
尿意で目が覚める、、、
時間かかるも出すことに成功。

1時半ごろ
痛みで目が覚める。痛み止め服用して寝る。

5時ごろ
痛みと尿意で目が覚める。
普通におしっこして寝る。

ちなみにこの日は便意(大きいほう)はありませんでした。
便意があっても麻酔で動けないので相当面倒です。
そう思うと下剤&浣腸のありがたみを知りましたw
と同時に手術後の痛みを考えると、排便への恐怖感が生まれたのは言うまでもありません。

さて明日からの手術後の入院生活、どーなることやら・・・

NEXT⇒【痔核・根治術】いぼ痔の手術日記(4)術後1日目

まとめ⇒【痔核根治手術】いぼ痔手術のまとめ【入院・手術を終えて】

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280