シェアまたはブックマークする

【エジプト旅行】7泊9日の男一人旅(5)2日目。ルクソール観光(後編

シェアまたはブックマークする

というわけでエジプト旅行2日目ルクソール観光の後編ということで、スタートです!

中編ではタクシーチャーターしてナイル川北側の王家の谷を見ましたが、後編は北側からローカルフェリーに乗って東側に戻って、カルナック神殿へ向かいます!

※今回の内容、ローカルフェリー乗り場自転車レンタルカルナック神殿ルクソール駅

スポンサーリンク

ローカルフェリー乗り場

タクシーにローカルフェリー乗り場で降ろしてもらい、フェリーでナイル川を渡りました。が、ここで問題が。

タクシーに降ろしてもらったのがフェリー乗り場とちょっと離れたところだったんですね。で、運転手が「この先まっすぐ行けばフェリー乗り場あるから大丈夫だよ」って言うもんだから安心して「ok」なんて返事して向かったんですよ。で、川沿いに着いたらフェリー乗り場がたくさんあるんです・・・

『勘弁してくれよ・・』と思いながらもローカルフェリー乗り場らしいものを探します。すると、「50ポンドでマイボートで送ってやる」と鬼畜営業を仕掛けてくるやつが来ました。あーはいはいボッタクリね。ローカルフェリーならめっちゃ安く乗れるって知ってるよ。なので俺は「ローカルフェリー乗るから」って言ってスルーしようとすると、「今日は動いてない」とか、関係ない修復中のフェリー乗り場を指さして「今壊れてるから船は出ない」とかウソしか言いません。しかもそれっぽく言ってくるからタチが悪いです。

で、そいつをスルーしながらもなんとかそれっぽい乗り場を発見。乗っていく人が受付でお金を払っているのを見るとコイン一枚、てことは多くても1ポンドてことなので、『ここだ!』と思い、知ってる風な態度で受付で1ポンド払うと「OK」と言われ乗船完了。鬼畜営業マンはちくしょうと言わんばかりの顔でこちらを見てました。ほんとクソ野郎です。

IMG_6802

鬼畜営業マンが邪魔だったので、受付を通ってからの写真になります・・・

で、これが船↓

IMG_6801

窓はおろか壁もないオープンテラスなおしゃれな船です。。。でも1ポンドで乗れます。ほんとはその半分らしいけど1ポンド16円なので別に特に。といった感じです。

これで念願のナイル川クルーズ!笑

IMG_6806

周りにはたくさんのフェリー乗り場があるので気を付けてください。

IMG_6808

ナイル川クルーズといってもただ渡るだけの5分程度のものです。今回のクルーズは2階席に陣取って、水色のメガネx水色のパーカーがいかしてるこの少年と一緒に。(エジプト人はけっこうおしゃれな人多いです

IMG_6815

で、これが本当のクルーズ船↓今回のプランにはナイル川のクルーズは入れてません。

IMG_6813

で、到着。ほとんどの人は1階席にいました。もう慣れてるからわざわざ階段上る2階なんて行かないんでしょうね。

IMG_6817

先ほどの少年が仲間になりたそうにこちらを見ています。

仲間にしますか?
 はい
⇒いいえ

船に乗ってたゴミはこんな感じにスタッフが丁寧にポイ捨て↓

IMG_6821

うーん・・・モラル

で、東側のローカルフェリー乗り場からホテルに向かいます。

東側のローカルフェリー乗り場はルクソール神殿の裏なのですぐわかると思います。ただそのまわりには多くの鬼畜営業マンがいるので気を付けてください。フェリーを降りたばかりの俺に「俺の船乗らないか?」って持ち掛けてくるほどのメンタルの強さなので、強気に断らないといけません。

でホテル

IMG_6823

タオルアート?ってやつですね(^o^)その前にベットの上の電球変えてくれ(^o^)

軽くシャワーを浴びてレンタル自転車屋を探しに行きます。

そのついでに軽く食事

IMG_6827 IMG_6829

屋台飯(32円くらい)上の丸いのはターメイヤっていうコロッケ的なやつなんだけど、店員さんが「これはエジプト来た記念のおまけだ!ウェルカム!」って言ってくれます。来る度に。笑

ちなみにこの屋台飯結構気に入って何回も食べてます。お腹は一度もやられてません☆

レンタル自転車

で、食べながらレンタル自転車を探してるとここでまたボッタクリ鬼畜営業マンが。
鬼畜「何さがしてるんだ?」
俺「レンタル自転車」
鬼畜「おれ知ってるからついて来いよ」
俺「ok」
その後、どこからきたとか他愛もない話をちょっとして・・
俺「いくらなの?カルナック神殿行って帰るくらいだから3時間あれば十分なんだけど」
鬼畜「3時間か。1時間60ポンドだから180ポンド(約2880円)だな」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・」
地球の歩き方には1日10ポンドて書いてあるんですけどwはい、こいつボッタクリー
俺「まいいや、とりあえず店教えて」
鬼畜「おし、ついて来い」
で、レンタル自転車屋着く。といっても小さな商店の脇にママチャリが4台止まってるだけ。しかも店番してるのは小学生くらいの少年。俺、確信する『絶対180ポンドしない!!』で、価格交渉。俺50ポンドにしてくれという(これでも高いけど)しかし、鬼畜は150ポンドから一切譲ろうとしない。なので、俺は「もういい、いらない。さよなら。」と言い店を去る。しばらくヤツは着いてきながら必死に営業トーク炸裂してたが全てスルーしたらいつのまにか消えてた。

ヤツが消えたところで、再度先ほどの商店兼レンタル自転車屋に一人で戻って、そこで店番をしていた少年に「カルナック神殿まで行くだけだから3時間くらいで戻るから50ポンドで貸してくれ」って直接交渉したら即答でOK。『ざけんなアイツ!』エジプト人の仲介ボッタクリビジネスがひどすぎると思った瞬間です。

で借りた自転車がコレ↓最高にいかしてたピンクチャリ

IMG_6833

シートは張替済みです。
ブレーキの効き、タイヤの空気、ハンドルの動き、ロックの仕方を確認してこれに決定。
そのままカルナック神殿に向かいます。

IMG_6834

カルナック神殿まではナイル川沿いの舗装されている歩道をまっすぐ走っていればつくので簡単に行けます。

IMG_6835

ルクソール神殿からカルナック神殿までは大体3kmちょっとです。のんびりサイクリングで15~30分といったところでしょうか?途中でルクソール博物館もあるので行きたい人は寄るのも良いと思います。

カルナック神殿

で、カルナック神殿到着。

IMG_6836

入口に近い電柱に鎖のカギで取り付ける。明らかに浮いてるけど、「大丈夫っしょw」とかそんなノリ。近くの売店の店員が話しかけてきました。「おれはここのセキュリティだから、なんとかかんとか・・・」何言ってるかわからないけどチップ払えばいんだろ!なノリで試しに1ポンド(16円)渡したら「ok」と駐車許可を得る。(絶対セキュリティじゃないけど)

で入ろうとしたらバスツアーと重なってしまい、めっちゃ人がいてチケット買うのも一苦労でした

IMG_6838 IMG_6840 IMG_6842

チケット買ったらセキュリティゲートから中に入るんですが、またここでも渋滞

IMG_6843

うまく前の方に入り込んで時間短縮しました

IMG_6845

それにしてもひどい人の多さ。ここ建てた時もこうやって奴隷たちがたくさんいて働いてたんだろうな・・・なんて時の流れに思いを馳せながら写真を向ける。

それにしてもでかい神殿です。

入口のスフィンクス参道

IMG_6846 IMG_6848

列柱室も巨大

IMG_6890 IMG_6884 IMG_6886

IMG_6850

ハトシェプスト女王のオベリスク

IMG_6865

IMG_6851 IMG_6862

IMG_6866IMG_6867 IMG_6869

ツアーの目印が棒+帽子

IMG_6853

神殿としての規模はかなりでかいものとなるので、見ごたえがあります。あの列柱室なんてどうしたら作れるのかほんと教えてほしいですね。。。

で、自転車のところに戻ると、先ほどのセキュリティを騙った店員がドヤ顔で「お前の自転車守ってやってたぜ」って。はいはいありがとね。

せっかくなんで帰りはちょっと違う道行ったりしました。
でも日が沈み始めるとなんだかこわい・・・

IMG_6895

写真撮ってる間もうさんくさいおっさんがガンガン話しかけてくるし。ほっといて!

IMG_6901

んで、自転車返す。すると店番してた店員の友達が来てて、めっちゃ金を請求してくる。なんだこいつらwとりあえず1ポンド渡して、笑顔で帰る。

で帰りにマクドナルド行ってエジプト限定メニュー食べてみようと思い行ってみる。

IMG_6904 IMG_6905

なんか店員の手際が悪すぎて全然進まない。だから店を出る。別にマック好きじゃねーしw

で、日が落ちたあとのスークを散歩

IMG_6907 IMG_6908 IMG_6910 IMG_6912 IMG_6913 IMG_6906

まぁみんな仕事熱心だから押し売りがひどい。雰囲気だけ楽しんでホテルに戻る。

ホテルに帰る前に晩飯としてステラビールと屋台飯を買う

IMG_8684 IMG_8685

まずチキン

IMG_8687 IMG_8688

と、いつものやつ。やっぱり「エジプトによく来てくれた!ウェルカム!」といってターメイヤをサービスしてくれる。
あと得体のしれないパンを購入しホテルでビール一緒に食す。

IMG_6914

ローカルが食べてるエジプト料理って、けっこうヘルシーなのが多いですね 。
で、歩きまくって疲労困憊なこの日はビール飲んで爆睡。夜8時半くらいだったかな。
ふと、夜中の1時に目が覚めて、思い出したことが1つ。
朝6時発のアスワン行きの電車のチケットを前日に買うつもりだったのに、買っていなかったのだ!!

ひとまずホテルのレセプションに行って事の経緯を話すと「駅は24時間開いてるから行ってくればいいよ!」と。いやいや、夜中の1時やで?強盗やら通り魔や痴漢いたらどーするのよって思って、出歩いて安全かどうか聞いてみたら、「ああ、セーフティだよ」って言うので、行ってきました。夜中のルクソール駅。

当たり前ですが、もうほとんどの店が閉まってます・・・

IMG_6915

が、まだ水タバコとお茶を飲んでる人がチラホラ

IMG_6917

しかし、さすがにスークはどの店も閉まっていました。

IMG_6918

IMG_6922

で、ルクソール駅前の通り
やっぱり人通りは少ないです。0ではないところが治安の良さなのでしょうか・・・
ちなみに女性は一人も見かけませんでした。

IMG_6925

IMG_6926

IMG_6927

深夜のルクソール駅

んでルクソール駅前。駅前はカフェも開いてたり、タクシーがいたりして明るかったです。

IMG_6929

IMG_6937

IMG_6939

で、駅に入りチケットを買おうとしましたが・・・

IMG_6936

アラビア語しか話せない人で全然通じませんでした。。。
でもなんとなくだけど、チケットは電車の中で買えばOK的なことを言ってるような気がしたので、その方法で乗ることにしました。

このように、チケット買わなくてもホームに入れるので、そのまま電車に乗ることもできるんです。
ちょうど電車も来てました。(この時は乗りませんよ

IMG_6932

IMG_6933

とりあえずイメージトレーニングだけして、ホテルに帰りました。

IMG_6942

IMG_6940

ホームレスぽい人に「一緒に水飲もう」と誘われました。せめて酒にしてくれ。
さすがイスラム教の国です。みんなちゃんと【教え】は守るようです

IMG_6941

で、朝電車で食べれるようにパンを買う。というかなんでこの時間にパン屋が開いてるの?

IMG_6947

IMG_6952

でもホテルを出た時よりもさらに暗くなってました(この時、午前2時くらい

IMG_6953

で、ホテルに戻って就寝。レセプションが暗くて不安になったんだけど、入ったらホテルのスタッフが電気を消して、PCで映画観てました。「お、帰ってきたのか。どうだ、映画館みたいだろ?」って、家でやってよ!

明日は朝から列車に乗ってアスワンに向かいます!

NEXT⇒【エジプト旅行】7泊9日の男一人旅(6)3日目。ルクソール~アスワン~アブシンベル

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280