シェアまたはブックマークする

【エジプト旅行】7泊9日の男一人旅(4)2日目。ルクソール観光(中編

シェアまたはブックマークする

さて、ルクソールでタクシーをチャーターし、向かったのはナイル川の西側(ウェストバンク)にある王家の谷。最初に行ったのはハトシェプスト女王葬祭殿でした。
※今回の内容。ハトシェプスト葬祭殿王家の谷ラムセス2世3世葬祭殿メムノンの巨像

タクシーをチャーターして観光ポイントを周る場合、多くの場合はタクシーは駐車場で待っててくれますので、大体の戻ってくる時間を打ち合わせしておきます。
今回の運転手はなかなかいい人で、ポイントごとで何分くらいで見れるとか教えてくれました。

スポンサーリンク

ハトシェプスト女王葬祭殿

てことでハトシェプスト女王葬祭殿では40分もらうことに。ここに着いたのは朝の9時過ぎ。

IMG_6752 IMG_6751

駐車場からエントランスまで土産物屋の通りを通過しなければいけません。「オハヨー」、「ヤスイヨー」、「ヤマモトヤマ!」
みんな、知ってる限りの日本語で攻めてきます。面倒なのでスルーしてると「ニーハオ!」中国人じゃねーしw
でも「ニーハオ」と返事しておきました。エジプト人と日本人が中国語であいさつです。もちろん、それ以上の中国語はお互いわからないので、ニーハオだけで会話終了。

IMG_6754

でエントランス及びチケット窓口

IMG_6700

遺跡や神殿の入り口には金属探知ゲートが必ずありました。
また、警備員がカバンの中やボディチェックをしたり厳重にしてますが、場所によっては(警備員によっては?)、カバンをチェックしなかったり、ゲートで『ピーッ』と鳴っても「・・・OK」とそのまま通されます。

ゲートを抜けるとはるか先に葬祭殿が見えます。

IMG_6750

けっこう距離あります。自分は使わなかったけど、エントランスから葬祭殿まで乗せてくれるカートもあるんで、歩きたくない人は使うと良いでしょう(たしか2ポンドくらい)

IMG_6707

正面から。来たかった場所の一つだったのでこの場所に建てた瞬間、嬉しかったですね(^^)

IMG_6701

けっこう観光客が多かったです。

IMG_6716 IMG_6715 IMG_6714 IMG_6718

色の残ってるレリーフが多く見ごたえがありました。

IMG_6722 IMG_6724 IMG_6726

何が書いてあるか・・・さっぱりです。

IMG_6729

ハトシェプストの顔をしたオシリス神像

IMG_6737

葬祭殿内↓

IMG_6744

IMG_6739

壁画にはハトシェプストが当時、ソマリアと貿易をしていたことが分かるように描かれているようです。きっと当時のエジプトの繁栄に大きく貢献したことでしょう。

そして待ち合わせの時間になり入口に戻るとタクシーが手を振って待っていました。で、「写真撮ってあげるよ」と言うので撮ってもらう。

IMG_6753

溢れ出す駐車場感に脱帽しながらも満足そうな自分。

で、出発。次はいよいよ王家の谷です。

王家の谷

なんですが、王家の谷の中は写真撮影禁止・カメラ持ち込み禁止なので写真がありません。ので、軽く行った内容を説明します。

まず入り口でチケットを買ってエントランス通ります。するとカメラ預け所があるのでカメラを・・・預けませんでした。預け所の前でスタッフに「キャメラー!」と言われましたが、カバンに入っていたので「ノー!(笑顔)」と言ってスルー。する予定だったんですが、その予定通りにできました。

しかし、中にはたくさんの警備員がいるのでカメラを出すタイミングはありませんでした。まぁ禁止だからね。しゃーない。

で、中に入るとたくさんのお墓があります。このあたりには60を超えるお墓が発掘されてるらしいですが、実際に公開されているのはその中の十数か所だけです。
お墓は岩山を掘った岩窟で出来ているので、入口から入ったら長い地下道を下った先にあります。

せっかくなんで、たくさん見たいところですが、入口で買ったチケットでは3か所のお墓しか入れません。
その3か所の仕組みですが、各お墓の入り口に必ずスタッフがいて、チケットを見せなければいけません。するとチケットの端を少しちぎられます。これで1回消費。つまり3か所ちぎられてたら他のお墓にはもう入れないわけです。

なので厳選していこうかと思ったんですが、実際に行くと閉鎖中のものも多く、結局入れるところだけ入った形になりました(-_-;

ここで自分の大失態を披露。まず2か所(ラムセス3世とタウセルト王妃の墓)見た後、最後に長い距離を歩いて奥のほうにあるセティ2世の墓を見に行ったんですよ。そしたら閉鎖されてて見れなかったんですね。残念。
で、最後どうしようか地図を見ながら考えてたんですよ。で、『お。ここにしよっ』て入ったお墓があったですけど、入り口入ってから奥まで行く通路がなんか見覚えあるんですよね。で、なんかおかしいなーデジャブか?なんて思いながら一番奥まで行ったら、、、やっぱり最初に入ったラムセス3世のお墓でした。地図の見方を誤りました。もちろん入口でチケットちぎられてるので3回分終了。アホすぎ。チーン

ちなみにツタンカーメンの墓は別料金となっており、行きたい場合はチケット売り場で買っておかないと歩いて戻るはめになるので注意です。

あと、ここだけの話、各お墓の中にスタッフがいるんだけどチップと言う名の賄賂を渡すと写真を撮らせてくれます。
ポイントはこちらから撮らせてくれと言わないこと。勝手にあっちが持ち掛けてくるので、散々値切って支払えば黙認してくれます。
さらに大目に払うと撮ってもらったり、サービスが良くなります。
アブシンベル神殿もそうだけど、カメラ禁止ってこいつらの小遣い稼ぎの為にやってるんじゃないかと思うほどみんな持ち掛けてきますよ。

んで入口にもどる。ここでは1時間半の約束だったけど、15分遅れました。「運転手は別にいいよ。」と寛大。ま、タクシーん中で爆睡してただけなんだけどね。

ラムセス2世葬祭殿

次はラムセス2世の葬祭殿。

IMG_6755

王家の谷で結構歩いてヘトヘトだったので、外からやっつけで1枚写真撮っただけ。これはよくない癖。
というか『自転車で来なくてよかった』って本気で思った瞬間。
たぶん夏に来るとミイラになると思います。

ラムセス3世葬祭殿

んで、次に向かったのがラムセス3世葬祭殿

IMG_6756

チケット売り場は葬祭殿とはちょっと離れたチケットセンターにありました。一人で自転車じゃわからなかったでしょうね・・・

IMG_6760

セキュリティゲートを抜けると葬祭殿です。
ここは30分くらいで戻るって約束だったかな

IMG_6761 IMG_6763

ここを抜けると凱旋門が見えます。

IMG_6765

そこから第一塔門、第一中庭、第二中庭、列柱室、至聖所と続いています。

IMG_6767 IMG_6770 IMG_6776 IMG_6777 IMG_6780

写真の列柱室で、スタッフに声かけられて「いい撮影ポイントあるから連れてってやる」と言われ、通常柵があって入れない場所に入れてもらいました。

IMG_6790

それが上から列柱室を見渡せる場所だったんですね、もちろんチップ要求されましたが。

IMG_6784 IMG_6787

が、『別に特に。』といった感じの場所なので5ポンド(約80円)渡して、さっさと戻りました。最初50ポンド請求してきてたので、超不満そうな顔して要求してきましたが、スルー。
エジプト人の押し売りされたら、こっちが強気でいくか、完璧スルーしないとガンガン攻めてきます。
それでもめげずに攻めてきたりします。やつら、タフです。

帰り際にはどっかの撮影クルーが来てました。

IMG_6795

メノムンの巨像

ウェストバンク最後はメノムンの巨像です。

IMG_6797 IMG_6800

ここは通り沿いにあり、簡単に寄れて、ゲートもなく無料で見れます。
駐車場もすぐ近くなので、運転手が車から降りてきて「写真撮ってやるよ」と、パチリ。サンキュー!

この後はいったんホテルに戻りたかったので、また川を渡ります。が、ナイル川を船で渡りたかったのでローカルフェリー乗り場で降ろしてもらうことに。
その際、運転手に「うち近いからお茶しよう」と誘われましたが、面倒だしカルナック神殿に行きたかったので断りました。ほんとエジプト人はお茶が好きです。

で、フェリー乗り場(実際は少し離れてる場所)で降ろしてもらい、お金を払ったんですけど、20ポンド札を数え間違えて140ポンド渡してしまったんですね。そしたら運転手はそれを数えて「お、バクシーシか!ありがとう!」って凄い喜んでたんで、そのままあげました。いっても320円なんで。
※バクシーシはチップみたいなものです

長くなったのでここでいったん切ります。後編はローカルフェリーでナイル川を渡って東側に戻ってレンタル自転車でカルナック神殿に行きます!

NEXT⇒【エジプト旅行】7泊9日の男一人旅(5)2日目。ルクソール観光(後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280