シェアまたはブックマークする

波乗り時の頭の日焼け防止にサーフハット・サーフキャプがオススメ!

シェアまたはブックマークする

サーフィンをする時の頭部の日焼けを気にしているのは僕だけじゃないと思います。今回は頭部の日焼け防止の話です。

日焼け自体は好きなんですが、さすがに日焼け対策しないで、サーフィンしてると過剰なほど紫外線を浴びてしまいます。バリ島へサーフトリップに行ったときにトランクスのみで日焼け止め塗らないでサーフィンしたら、真っ赤になり熱くなって、服と擦れるだけで痛くなり、その日の夜から何もできなくなってしまいました・・・という苦い経験があります。

過剰な紫外線は皮膚ガンのリスクも

時間が経てば回復はしますが、やはりシミやシワの原因になりますし、過剰な紫外線を浴び続けていれば、最悪の場合は皮膚ガンになるリスクもあります。

特に顔や頭は常に海上に出ているのでガンガン紫外線を浴びてしまいます。

頭は紫外線を浴びやすい

頭に関しては日焼け止めを塗ることが出来ないので、ずっと直射日光を浴び続ける事になってしまいます。

頭に紫外線を浴びると、毛髪が紫外線で焼けて痛むのはもちろん、頭皮も焼けてしまいます。
ちなみに髪の分け目や、つむじの頭皮は顔に受ける3倍の紫外線を浴びると言われています。

そうして、頭皮が焼けると、乾燥し、フケ、カユミの元になります。
また、髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなる可能性があり、抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。

サーフ用帽子で対策を

そこで、サーフィン用に作られた帽子が活躍します!

帽子を被れば、頭皮を紫外線から守ってくれる事はもちろん、ハットやキャップタイプならツバがついているので顔への紫外線もカットしてくれます。
日焼けは疲労の原因にもなりますので、日焼けを防止することで、パドリングの持続力もアップします!
さらに、眩しさを軽減できるため、波待ち時のアウトからのうねりも見逃しません!
また、リーフや板との接触時に頭を保護してくれる役目もあったりと、いいこと尽くめです!

今までは↑のような、ハットタイプが主流でよく見かけていましたが、最近では各社、キャップタイプを出し始めて、海でも良く見かけるようになりましたね。

キャップにする?ハットにする?

キャップとハットの違いは、やはりツバの範囲でしょう。
基本的にキャップは前面のみツバがついていますが、ハットは全面についているので耳たぶや首裏もカバーしてくれます。

キャップタイプでも耳カバー付きのものも出ているので、好みで使い分けてもいいかもしれませんね!

デザインが豊富

デザイン的にもサーフィンだけじゃなくて海水浴やプールでも使えるものが多くなったのも嬉しいポイントです。
個人的には種類もデザインも豊富に出している【TAVARUA】(タバルア)というブランドがオススメです♪

僕はTAVARUAのキャップタイプを買いました!
TAVARUAサーフキャップ

注意

ハットもキャップもドルフィンをする時に抵抗になるので、若干アゴを引き気味にしたり、慣れが必要です。

特に、キャップタイプは前面の抵抗が大きいので、アタマ前後の波になると首への負担も大きくなるし、キャップ自体が脱げる確率も高くなります・・・。
なので、波のサイズで使い分けたり、アウトにいくまでウェットの中に忍ばせて、アウトに出たら着用するっていう方法もあるみたいです。

最後に

直射日光による紫外線を浴びると本当に身体にダメージを及ぼします。
今年の夏は日焼け止めに加えて、サーフハット,サーフキャップで紫外線を防止(帽子)しましょう!笑

Amazonで探す時はコチラ
サーフハット
サーフキャップ