シェアまたはブックマークする

サーフキャップを使ってみた

シェアまたはブックマークする

前回のサーフキャップの投稿で紹介したTAVARUAのサーフキャップを実際に使ってみました。

波はモモ~コシ。天気は快晴。

さて、一発目のドルフィン。
潜った瞬間頭への抵抗を強く感じて、キャップが外れるかと思いました。確かにアゴを引かないと抵抗が大きすぎて、サイズが大きかったらすぐ外れてしまいそうでした。
で、頭を上げた瞬間、キャップに入った水が若干垂れてきますが、前髪が全く下りてこなかったので、かき上げる手間がありませんでした。
んで、試しにいつもよりアゴを引いてドルフィンをしてみたら帽子は脱げる気配がなくなりました。というかこのサイズの波ならストラップをつけて無くても、うまく潜れば外れなさそうです。
そこで気づいたのが、意識してアゴを引いてドルフィンしたら今までよりも深く潜る事が出来きました。姿勢で潜る角度が変わるというのを実感できたのは新しい気づきでした。

そして波待ち時。快晴の為、太陽が出ていましたがもちろん日差しは気になりません。が、水面からの反射はさすがに隠しきれませんでした。まぁ下からの反射はどうにもならないですが、太陽光を遮ってくれるのは目が楽でした。

んで、テイクオフ~プルアウトは特に違和感なし。むしろ日差しを遮ってくれて視界もクリアで、髪の毛が邪魔にならないのがストレスフリーでした!

ただ、時間が経つにつれて、ストラップが接してる首が赤くなってヒリヒリしました。肌が強くない人はウエットにワセリン塗るように、ストラップにも塗った方がいいと思います。
痛くなってくると、ゲットの時はストラップつけて、波待ちになったら外して、テイクオフ前につけてって繰り返しになります。なりました。。。

簡単にまとめると・・・

メリット:
前髪が垂れてこない。
太陽が眩しくない。
ドルフィンの姿勢に新しい発見がある。
もちろん、頭の日焼け防止。

デメリット:
ドルフィン時に抵抗がある。
波がでかいと外れる可能性がある。
ストラップが首に擦れてヒリヒリする。

こんな感じでしょうか?もっとサイズのある波でも使ってみないとなんとも言えない部分もありますが、

個人的には、日焼け防止で体をケアしながら、日差しを防いでストレスフリーでサーフィンできるんで、とてもオススメできます。今年の夏は手放せなさそうです!

Amazonで探す時はコチラ
サーフハット
サーフキャップ

楽天で探す時はコチラ
サーフハット
サーフキャップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク336*280